イギリス研修紀行文

毎年春に行われる「イギリス研修」の紀行文をご紹介しています。

執筆者 高3男子

 高2の春、渋幕生51人は渋渋の生徒とともに、イギリスで9泊10日の語学研修をおこないました。

ボーンマスにあるアングロコンチネンタルという英語学校に通い、生徒は周辺の人たちの家でホームステイをしました。

語学学校では質の良い英語学習をすることができたとともに、中東やアジアなど、さまざまな国から英語を学びに来た人たちと共に勉強をすることで、日本とは違う文化を肌で感じることができました。

最終日とその前日には、オックスフォードやロンドンを観光し、世界中から人の集まる大都市での生活を近くで見ることができました。

この研修を通して、英語学習だけでなく、将来海外で仕事や生活をするときに感じるであろう空気を理解し、今できる学習に対するモチベーションを上げました。

 

コメント(内容は公開されません)