文化祭

毎年9月中旬には、2日間にわたって、文化祭(槐祭文化の部)が開催されます。ここでは、例年の文化祭の様子をご紹介しています。

執筆者 駿河湾の魚

 正式名称は槐祭 文化の部。通称スポーツフェスティバルと呼ばれる槐祭 体育の部と対をなす渋幕で最も規模の大きい行事です。例年であれば、9月の中旬ごろの土日に開催され、1日目である土曜日は関係者公開、2日目の日曜日は一般公開として2日合わせて約1万5000人もの方々に来場していただいています。渋幕の文化祭の大きな特徴は中学1年生から高校3年生まで全てのクラスがクラス団体企画を実施することです。これは学校と生徒会のクラスというまとまりを大切に行事を運営していこうという考えの表れで、多くの学校とは一線を画しています。また、団体数が100前後と多いことも特徴です。

 今年度の槐祭onlineでは中学1,2年生やいくつかのクラスの参加が見送られるなど団体数が例年より少ない状況ですが、それでも50程の団体が参加しています。

 各クラスでHRなどを使って企画を立案し、運営する中でクラスの仲がいちばん深まる行事だと言えます。クラスメートと協力し、時には意見をぶつけながらひとつの企画を完成させたことはいい思い出であり、いい経験となって渋幕生の糧となっていきます。

コメント(内容は公開されません)