企画一覧

今年度の文化祭企画の一覧となっています。

中学クラス

1年1組:サイエンスイッチ
活動報告 サイエンスイッチ 私たちは、「ピタゴラスイッチ」を基にして火山やリニアモーターカーなどに迫るサイエンスイッチという企画を行いました。この企画について説明します。まず、装置に組み込んだものについての紹介です。 企画紹介編 企画紹介に移る前に1つクイズ!リニアモーターカーは、地震発生時どうなるでしょうか?答えは、企画紹介の最後に。では、装置の紹介に移りましょう。まず、この装置には滑車やガウス加速器、火山の模型などがあり、また、オルゴールの回転を利用するなど、クラス全員の知恵が詰まっています。完成度はどのクラスにも負けない!成功率は・・・。さて、次の話に移りましょう。この装置の最後にそびえる火山等。とある装置制作班が血と汗と涙を流しながら作りあげた火山。完成したときは皆の目に輝きが戻り、この装置を壊した時の皆の悲しそうな顔は忘れられません・・・。 装置紹介編 企画紹介編で紹介したガウス加速器というものに聞き馴染みのない方も多いと思うので、どういうものなのか、少し説明したいと思います。ガウス加速器とは、鉄球を数個並べ、それを磁石で挟んだもので、磁力を使...
1年2組:人生は紙飛行機
活動報告 そらとべ!紙飛行機 まず教室に入ったら模造紙を見てもらいます。 結構しっかりしたことが書いてあって、ためになる内容も書いてありました! そのあとに癖になる音楽が流れている映像を見ることができます。 ここではギネスにも認定されたとてもよく飛ぶ紙飛行機の折り方やそれを飛ばした映像を見ることができます。 (ちなみにこの教室にはウーパールーパーがいるのでそれに誘われてきた人もいるかも…。) 次がこの企画の目玉です‼ なんと……ギネスに認定された紙飛行機を実際に折ることができます‼ (わたしたちがギネスを更新したわけではありません) 係の人が丁寧に教えてくれるので手先が不器用な人でも安心して作ることができます‼ 夏休み中の活動 夏休み中に6つのグループに分かれて紙飛行機のことを調べて模造紙にまとめました。 ・映像撮影グループ ・空気の流れグループ ・紙の大きさや重さによる違いグループ ・階段広告作成グループ ・飛行機との比較グループ ・映像編集グループ 一部のグループは少しふざけてい...
1年3組:あつまれ 銀鉄の森
1年4組:渋幕万博infinite壱ノ肆編
活動報告 問題作成グループ 問題作成グループ(社会)が作成したものです。コロナウイルス感染予防対策として、お客様の滞留時間が長くならないよう、解くのに時間がかかる問題ではなく一問一答ですぐに答えられるような問題や、豆知識を集める形にしました。 渋幕の歴史グループ これは、渋幕の歴史グループが展示した物の1部で、田村哲夫校長先生に直接インタビューをさせて頂き、それを参考にして作ったものです。 物理グループ これは、物理グループが1-4スイッチを作成している写真です。身近にある様々な物を使って作成しました。また、割り箸を数cmに切ったものを沢山作りボンドでつたり、ドミノをを立てたりなど、細かい作業が多く大変でした。
1年5組:赤くないいちご
1年6組:SHIBUMAKU☆すご6
1年7組:アートピア
活動報告 初めての文化祭 私たちはさまざまな芸術作品を展示する企画を行いました。文化祭の準備は初めてで、準備期間が一週間あるなど、異例続きの文化祭となりましたが、クラスのみんなと協力してしっかり自分たちにできる準備をし、成功させることができたのでよかったです。また一歩クラスの人とのつながりができたと思います。この経験を来年にも活かしたいです。
1年8組:寒い議論に異議ありっ!
活動報告 力を合わせて作った動画 私たち1年8組は「寒い議論に異議ありっ‼︎」という模擬裁判を行いました。クラスで3つのグループに分かれて、それぞれ強盗事件、痩せれるゼリー事件、スリ事件など生徒全員が仲間と協力をして、テーマから動画に使う資料・動画などの編集まで、生徒一人一人がそれぞれ自分が行うべきところを考えて決めていました。 そして、撮影の時は、みんながそれぞれアイディアや声のトーンや映り方などのアドバイスなどをしている姿勢からこの文化祭をより良いものにしようというのが伝わりました。 バタバタドキドキ前日準備 コロナ感染拡大防止の為、学校が文化祭が始まる時まで休校することにしました。このことにより、生徒には時間が生まれより良いものを作るチャンスとなりました。 そして、前日の教室の飾り付けでは、クラスの絵を描くグループ、階段広告を作るグループ、模擬裁判に使う舞台設営をしているグループとみんなで手分けをして行いました。その途中で紙が破れてしまったり、時間が足りなくなかったり色々なハプニングがありましたが、みんなの気合いと熱意によって完成...
1年9組:世界への架橋
活動報告 1-9の文化祭を終えて 1-9の生徒、そして特に文実の方々、文化祭係の方々、本当にお疲れさまでした。長い準備期間で、初めての文化祭でわからないことも多い中1-9の生徒たちで協力しあい、文化祭を無事に終えることができました。そして、これは文化祭の企画の準備や当日の活動の方針を決めたり、それらを円滑に進めてくれた文実と文化祭の方々によるものだと思いました。文実と文化祭係の方々、ありがとうございました。また、文化祭の準備を進めてくれただけでなく文実と文化祭係の方々にはこの文化祭を通して、失敗や成功などの経験があったと思います。来年、そして再来年と、その経験を生かして文化祭をより良いものにしていってほしいと感じました。
2年1組:ピタムラスイッチ
活動報告 準備編 2年1組ではピタゴラスイッチとトリックアートの展示を行いました。この二つに一体何の関係があるのか…などといった話はさておき、夏休みから準備がスタート。ピタゴラは4つの班に分かれ、それぞれが物理に関連するテーマを決めて作り始めました。途中、ダンボールが足りなくなったり、本当に完成するのか不安になったりしましたが大きなアクシデントはなく夏休みは終わりました。そして9月。文化祭が目前になり少し焦りながら完成させていきます。ピタゴラでは一回もストップしない「ゴットハンドゼロ!」を目標にたくさん調節しました。トリックアートでは、絵を置くレイアウトや絵の説明文を考えました。 文化祭前半戦 迎えた文化祭当日。ピタゴラの一部が破損するという事故や、ピタゴラの開始時間になったもののお客さんが集まらなくて途方に暮れる…などといったことがありましたがたくさんの人にピタゴラのクオリティを褒めてもらえとても嬉しかったです。また、トリックアートも展示しておくことでピタゴラの修復中や準備中に折角来てくれたお客さんを退屈させずにすみました。(二つ企画を行う本来の目的を...
2年2組:ドウデモイイけど気になる裁判
活動報告 準備期間中の様子 準備期間中は例年とは違い、夏休み期間中に加えて6日間午前中3時間の時間をとって準備を行うというものとなりました。この間では 台本作成、画像にもある裁判で使われる柵、 ハンマーや釘の買い出しなどを行っていました。特に柵の作成には時間がかかりました。 木材を切るところから、釘を打ち、装飾し、 その立て方まで皆で試行錯誤しながら頑張りました。さらに、感染予防対策のために、楽屋の配置やサーキュレーター(扇風機のようなもので空気を循環させる)の配置まで義務付けられており、随所で担当者の腕前が見れたことと思います。本来より長い準備期間のおかげで、手の込んだこともでき、団結が一層高まったと感じられました。 当日の流れ 当日になると、ついにこの日が来たと、まずどこへ行くか興奮気味に話しているクラスメイトも多く、皆楽しげな雰囲気でした。ですが、演技に入ると皆顔つきは一変。真剣な面持ちで、証言台へ立つ被告人、汗と共にハンマーを握る裁判長、無罪を勝ち取るべく熱弁を振るう弁護士、冷静に証拠を述べる検察官と演技は上出来、客入りも上々と来て、皆達...
2年3組:こんな教室は机上の空論
活動報告 1.企画のコンセプト 二年三組では、普段とは違う感覚を味わってもらうために、床を机に見立てて、「机の上」を再現しました。鉛筆、筆箱、教科書などの身近な物を巨大化し、机の上にいるかのような感覚を味わってもらいました。 2.当日の様子 当日はたくさんのお客様にご来場いただきました。本当にありがとうございました。教科書のクオリティがとても高いなど、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。二日目にはお客さまを呼び込むため、教室の中を見せないようにスズランテープを設置しました。 3.良かった点と反省点 良かった点としては、当日のシフトがとてもスムーズに進んだ点です。反省点としては、企画の中に体験できるようなスペースを作ることができず、お客様の興味を引かなかった点や、作品を作るときに連携をうまく取れなかった点です。来年はこれらの反省を生かしながら、文化祭をできたらと思います。
2年4組:渋幕のスポーツ王は俺だ!!
活動報告 準備 夏休みから9月にかけて準備をしました。セットが大掛かりだったこともあり、夏休みの準備は係ごとにそれなりの日数をかけて行いました。夏休みにクラスで協力して作業を進めたので、9月の準備を比較的楽に行うことができました。その分クオリティーを上げることができたのでよかったと思います。 当日 初日はお客さんが312人来てくれました。(再入場含む)そのため、6時間にわたって暇な時間が全くありませんでした。また、アルコール消毒や、窓あけ、サーキュレーターなども常時行うことができたので、上出来だったと思います。ほぼ万全な準備で迎えることができた2日目は、始めてから20分も経たないうちに不慮のアクシデントが起こってしまいました。窓ガラスを割ってしまったというものです。これによりその時点で企画中止となり、4組の企画は終了しました... 企画に来場してくれた人には感謝の気持ちでいっぱいです。 ~次に向けて~改善点1 今回の企画では、窓ガラスの事故も含め、安全性が大きな問題となっていました。今回、事前に蛍光灯には防護のフィルムを付けていたのですが、バッ...
2年5組:千葉先生を怒らせたい
活動報告 文化祭準備を始めて 私たちの文化祭準備はとても大変でした。何故なら企画を途中で変えたからです。その一部始終を説明します。最初の企画内容は、企画名通り千葉先生を怒らせるというコメディ映像でした。ちゃんと買い出しに行き、セリフも考え、撮影もしていたのですが、そんな時一つの問題が上がりました。撮影中、動画に声があまり入らない事が発覚するのです。このせいで何度も撮り直したりと、無駄な労力を割くはめになります。この時はまだ休校が延長することも知らなかった為、終わらないのでは、と不安に思いました。そこで撮影二日目、動画の編集者が動画の内容を変えるのはどうか、と提案してきました。 文化祭準備を進めて 変更案であったのが、今回の文化祭で流した日常のスーパープレイ集という内容でした。原案と比べ声を入れる必要性が少なく、新しい道具も買わなくて良い点、軌道修正にはうってつけの案でした。しかし、よくよく考えてみるとこの企画内容は企画審査に出しておらず、文化祭実行委員会のゴーサインを貰っていない、いわば許可ゼロな状態の案でした。流すことに不安を感じた私たちは、そこで元の...
2年6組:ピタゴラ米騒動
活動報告 奮闘〜文化祭の成功〜 2年6組では、ピタゴラ米騒動という映像劇に取り組みました。近年の子供に多く見られる、いわゆる「中二病」の主人公、昔ながらの将軍様、全子供の宿敵である母親、などなど多くの登場人物が世界で1つだけのピタゴラによって運命を狂わされる(?)コメディ劇?となっています。映像関連や、クラスの装飾を中心に行う演劇班、また、生徒自ら考案したピタゴラの作成を中心に行うピタゴラ班の2つに分担し、作業を進めました。演劇班は衣装、小道具、編集、脚本それら全てを行いました。ピタゴラ班では、身近な物を利用してたくさん失敗しながらも完成させました。クラスの親睦を深めることができ、とても良い経験がなりました。
2年7組:SBMKart@.com
2年8組:目指せ伊能忠敬
活動報告 展示班より 「伊能忠敬の測量」と一口に言うと、量程車を引いている場面を想像する人が多いと思います。しかし、実際はそんなに簡単なものではありません。 我々は複雑な測量作業の中から「坂道の角度を測る」作業を簡略化して展示しました。 触って体験できるようにするため、消毒をどうするか、バランスを保った状態で自立させるにはどうするか、長さをどう取るかなど様々なことを考え抜いてなんとか完成させることができました。 説明書きに書いてあった数式が1日目の昼過ぎまで間違っているというミスはあったものの、無事成功してよかったです。 クイズ班より 今や文化祭の定番とも言えるクイズ。全国的なブームでレベルの高いものが多数存在する中、私たちは難易度よりも面白さを重視したユニークな問題を出題しました。 多くの選択肢を作成し、一問に一つは小ボケを挟み、淡々と進みがちな作業も常に笑いに包まれていました。伊能忠敬に関するクイズだけでなく、当時の日本についても出題したので、お客様の知識量の上昇に役立ったかと思います。 最後にクイズを一つ:伊能忠敬の子供は何人?ヒントは「...
2年9組:世界の果てまでイッテ2のキュー!
活動報告 楽しかった2日間 コロナ禍で行われた異例の文化祭………というよりは、僕たちにとっては初めての文化祭。初めてのことばかりで最初の頃こそあたふたすることもありましたが、ドットアンドボックスやアルゴなど、チームに分かれて、皆で文化祭を成功させるために協力して準備を行ったため、無事に完成させることができました。本番はたくさんの人が来てくれて、教室内は常にお祭り状態で、楽しく文化祭を行うことができました!残念ながら、学校関係者のみによる開催となってしまいましたが、今回成功させた経験を持って、来年はさらに完成度の高い文化祭にできるようにしようと思います。その時は、ぜひ渋幕にきて槐祭を楽しんでいってください!
3年1組:この子たちを救いな3-1
活動報告 企画の準備について 私たちの企画は、結果的にはゴミ問題という比較的まじめな内容となりましたが、話し合いの段階では様々な案が出ていました。しかし、娯楽の禁止や感染症対策といった観点を考慮したところ、最終的には二つの案に絞られました。ここでクラスの意見が一度は真っ二つに分かれましたが、さらなる話し合いにより、ゴミ問題についての企画をやることになりました。最初はクラス内からも「まじめすぎて面白くない」や「お客さんが来てくれなさそう」など、反対の声もありましたが、徐々に準備を進めていくにつれ、クラスとしての結束力が増し、結果的には3-1らしい企画を作り上げられたのではないかと思います。 文化祭当日について 他のクラスに比べて私たちの企画は比較的真面目だったため、初めはお客さんがあまり来てくれませんでした。また、客の呼び込みなどは禁止されていたということあってなかなか人が入りませんでした。しかし、同じ学年の友達や先生が来てくれたためだんだんと盛り上がっていました。特に体験Aのゴミ分別のブースでは先生と生徒が一緒に楽しんでいたり、友達同士で協力して行ったり...
3年2組:3-2の事件簿
活動報告 「3-2の事件簿」とは? 私たちの企画「3-2の事件簿」では、“マクシブ中学校”で発生した事件の犯人を、アリバイや防犯カメラの映像といった事件に関する様々な情報からお客様に推測してもらいました。前方のスクリーンに事前に作成した登場人物が会話・行動する映像を映し出し、その後お客様に質問をしてもらうという形式で、自ら事件の解決に関わることができるという楽しさと推理の奥深さを体験してもらうことができました。 準備の舞台裏 夏休み前にはすでに準備が始まっていて、クラスの生徒全員がそれぞれの得意なことややりたいことをもとに演劇や映像の編集といった係に所属し、37人一丸となって企画を成功させようという雰囲気に包まれていました。ストーリーを構成したり、効果的になるように映像を編集したりするのには様々な困難がありましたが、みんなで意見を出し合っていくことでそれらを乗り越え、無事に企画を開催することができました。また、教室内の装飾や細部にもこだわり、演劇の内容に合わせた臨場感のある演出に大きく寄与したほか、クラスの「槐祭を楽しもう」というムードを醸成することにも...
3年3組:君と僕との中間試験
活動報告 中間試験 無事終了!! 3年3組ではお客様にペーパーテストを受けて頂き、その後マルチエンディングの映像をご覧頂きました。 当日は映像が再生出来ないなどのトラブルに見舞われ企画を中断するという場面もありましたが、なんとか生徒同士で協力して切り抜けました。 演技をしたり、クイズを作ったり、映像編集をしたり、女装をしたり、、、一人一人が自身の得意なこと(?)を生かして、楽しんで企画をやり通すことが出来ました。渋幕生活の思い出に残る貴重な経験になったと思います。 そして何より、先生方、槐祭当日お越し頂いたお客様、槐祭を全力でサポートして下さった文化祭実行委員会の皆様、文化祭に関わった全ての方に感謝を申し上げたいと思います。
3年4組:働く人間 社会からの脱出
活動報告 3年4組文化祭を終えて 文化祭お疲れ様でした。2年ぶりの文化祭は中学最後の文化祭で慣れないことも多かったけど、無事やり終えることができました。今年はコロナ対策もと言うことでそこも調整しないといけないのも大変でした。来年もできるといいですね。頑張りましょう。
3年5組:たむランド
活動報告 【総括】 みなさんこんにちは。3年5組へようこそ!3年5組の文化祭企画は、「たむらんど」です…なっ、なんじゃそりゃ?!と思いましたね(笑)説明します。「たむらんど」では、我らの校長田村哲夫先生の80年以上の人生を人気ゲーム「人生ゲーム」によって楽しく面白く、そしてわかりやすく伝える体験型の企画です。「たむらんど」のマスコットキャラクターには某人気ゲーム風味の田村哲夫先生が!ぜひ見てみてください。(めっちゃかわいいです(*´▽`*))「たむらんど」は、企画の立案から具体的な内容、制作、当日の運営、片付けまで、コロナ禍ではあったものの、クラスメイト全員が助け合い、一致団結して成功することができました。 【制作の様子】 クラス企画の具体的な内容を決めて「さあ制作だ!!」と、なったのは期末考査が終わった一学期の終業式の日。しこの頃はコロナの感染が拡大していました。そのため、夏休みは最終的に一度も集まることなく時を過ごしてしまいました。2学期になり、ようやく制作に取りかかり始めました。校長の歴史を調べ、すごろくを作る班と装飾班に分け、それぞれの班が思い思...
3年6組:殺人現場への侵入
活動報告 大人気企画、誕生 いつもより人の少ない槐祭に、どこよりも盛り上がった企画が登場しました。その名も「殺人現場への侵入」。廊下には常に列ができ、平均を大きく超えたであろう 772 人のお客様が来てくれました。今日はあなたに、そんな素晴らしい企画のことを伝えたい!その気持ちをもってこのページを作りました。ご覧ください 企画内容と準備 まず、来てくれた人には、殺人事件が起こる動画を見ていただきました。これはクラスの映像チーム中心にとことんこだわった映像です。笑いあり、恐怖あり、先生方にも出ていただいたり、もうこれだけで充分!ってくらいに楽しんでもらえました。 そして、映像を見てもらった後には、教室に再現されている5つの事件現場のセットから、映像で見た事件の現場はどれか?というクイズをやってもらいました。このセットがまたすごい!5日間をかけて作った自信作。シーソーや血のついたシャツなど、クオリティがこれもまたお客さんを驚かせました。何度も来てくれる人がたくさんいて、大賑わいでした。 3-6からのメッセージ 当初の予定から大きく変わったり、帰りの...
3年7組:僕らの1ページ
活動報告 日常と非日常について 今回の3-7のコンセプトは日常と非日常の対比。 日常は渋幕生の普段の様子を映画にしました。ですが、それだけだと少しつまらないのでグレードアップさせて普段の何気ない日常をカッコよくアレンジしました! 例)バスケのゴールをかっこよく決める 鞄を投げてフックにかけるなど 何十回もトライしたものもありました。 非日常の映画は逆に全く違う雰囲気のお話です。勇者物語といい、勇者の仲間たちと魔王の戦いと物語です。日常の渋幕生との対比を意識して作り上げました。 映画完成までの道のり 脚本まではうまくいっていた3-7なのですが、脚本班やキャスト班が少し苦戦してしまうというハプニングがありました。夏休み中にも撮影は行っていたのですが思うように進まず…。 しかし、撮影班&キャスト班&編集班で夏休み明けから猛スピードで撮影、編集をしていました。いつもはなかなかまとまらない3-7ですが、連携がすごかったです! 広告班は階段広告、小道具班は教室内の飾り付け、大道具班は控え室をそれぞれ作ってくれました! 当日の様子 ...
3年8組:かぐや様は解かせたい⁉
活動報告 平安の世界に入って… 3年8組は、槐祭のこの日、千年もの昔の平安の世に姿を変えました。部屋に入ったお客様は、みな貴公子となって、かぐや姫と結婚するために、彼女が出した無理難題を解き進めていかねばなりません。 貴公子たちが解く問題は、みな古代の日本の人々の知識に基づいています。木、火、金、水、土の5つの物質で世界が構成されているとした五行思想や、それから発展した季節や惑星の知識、そして平安の中頃になってようやく発明された平仮名や片仮名以前の文字である万葉仮名など、出題範囲は幅広いものとなっています。 でも、最初からお客様はこれらの知識を知っている必要はありません。ヒントは全てこの世界の中に含まれているのですから。 あなたでも解ける…!? かぐや姫が出した無理難題…と言っても、問題の難易度は上級・中級・初級の3つに分かれています。もし、上級問題が解けなくても、それより下の問題にトライして、解き進めていくことが出来ます。また、2回3回と繰り返し、この平安世界を訪れることも出来ます。 仮にいちばん簡単な問題をも解けなくても、この平安の世の中にはた...

高校クラス

1年A組:PrIson BreAk
活動報告 企画概要 1年A組の企画は「PrIson BreAk」 謎解き型の体験企画です。第一ステージと第二ステージに分け、1団体にじっくり体験してもらう形としました。 第一ステージは独房をモチーフにし、そこから出ると第二ステージ。シビアな時間制限の中で謎を解いてもらいました。 企画立ち上げの時期に文化祭係が2週間ほど休みとなりましたが、なんとかクラスが団結して、良い企画を立ち上げることができました。 事前準備 クラスを装飾班・買い出し班・設営班・クイズ班に分け、それぞれが考えて行動・連携できるようにし、企画準備を進めました。 夏休みは装飾班を中心に、廊下広告やロッカー広告を完成に近づけ、暑い中買い出し班にも買い出しに行ってもらいました。 夏休み後は例年と違い、午前中の作業を1週間弱続ける長期戦となりました。クイズ班発案「迫りくる壁」の制作や、本格的な設営が始まりました。机の下に角材の端材を用い、更にその下にキャスターを付け安定させ、壁は段ボールで制作しました。 教室装飾は英字新聞を大量に使い、雰囲気に合った装飾が完成しました。 文化祭...
1年B組:震源になってしまった僕。
活動報告 あらすじ "「もうこの世界で君に会うことはないかな。 死後の世界でまた会いましょう……。」 一人の少年の死によって引き起こされる世界の危機。 今見ているのは現実か、それとも真実か。 綾芽が世界のためにとった選択とは……。 ある年を境に毎年8月23日午前11時41分に起こるようになった地震。カギを握るのは15年前に自殺した少年、加地文哉。世界中を恐怖に陥れる地震を止めるため、組織Nは調査員・今田綾芽の特殊能力を利用する。 個人にとって、組織にとって、世界にとって、いったい何が本当の「正義」なのか。 それぞれが下す決断、その先に訪れる未来とは…!?" 企画説明 私達1-Bは「震源になってしまった僕。」と題して、完全オリジナル脚本による映像を作成しました。映像企画だったにもかかわらず比較的順調に撮影は進み、クオリティの高い映像が完成しました。映像自体を載せることはできませんが、作成したフライヤーなどからその雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。 資料
1年C組:縁日
活動報告 テーマ「縁日」 1年C組のクラス企画は「縁日」です。 縁日、というのはどこの学校の文化祭を訪れても必ずどこかのクラスがやっている、いわゆる定番中の定番です。しかし、そのようなベタな企画であるからこそ、その中で「クラスの個性」というものが遺憾なく発揮出来るのではないか、と思いテーマに選出しました。 今年は昨年と同様、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、夏休み期間での文化祭準備が思うように進まず、保護者の皆さまや外部からいらっしゃる皆さまをお迎えすることもかないませんでした。しかしこの「槐祭オンライン」で、少しでも当日の雰囲気を感じ、そして1年C組の良い所を1つでも知って頂けたら幸いです。 外部の皆様へ 文化祭、というのは普段学校生活を送っている生徒の「本当の姿」が見られる貴重な機会だと思います。だからこそ、保護者の皆さまにはもちろん、渋幕受験を少しでも考えている受験生やそのご家族の皆さまにも当日の熱気を味わって欲しかったです。 そのかわりといえば何ですが、文化祭準備日や当日のクラス内の写真を一部お見せいたしたいと思います。どこで...
1年D組:カボっちゃ
活動報告 カボっちゃ 1年D組のボッチャ、その名も「カボっちゃ」。パラリンピック競技の「ボッチャ」と「かぼちゃ」という異色の組み合わせが実現した企画だ。準備期間にはボールを手作りしたり教室の装飾をしたりと、人数制限でクラス全員が集まれない中でも一丸となって作業をすることができた。そして迎えた当日だが、嬉しいことに多くの人が訪れてボッチャを楽しんでもらうことができた。5回、6回と来場するリピーターもいたのは驚きだった。通常のルールに加えてクラスオリジナルのルールを作ったことでゲームが奥深くなり、頭脳戦を得意とする渋幕生はボッチャの魅力にはまっていったようだった。
1年E組:目指せビリオネア!
活動報告 1E全員で協力した文化祭 それでは、私たち1年E組の文化祭クラス企画についての報告をしたいと思います。まず、私たち1年E組は「目指せビリオネア!!」という企画名のもと、疑似カジノを実施しました。具体的に言うと、3つのブース(ルーレット、ブラックジャック、ポーカー)を用意しお客様にお金の大切さや投資の難しさを体験していただきました。結果として、たくさんのお客様にご来場いただき、満足して文化祭が実施できたと思います。 準備期間中の取り組み しかしながら、このようにクラス企画が成功するまでにはいくつかの壁がありました。なんといっても、gグループ(高入組)で初めての文化祭ともあって、「はたして当日までに作業が間に合うのか」や「当日どのくらいお客様がいらしてくれるのか」など気になる点や不安要素が多く存在したからです。また、係ごとでまとまって作業はしていたものの、全体として作業の進行具合を共有できていなかったのも事実です。しかし、一人一人がそれぞれ自分の役割を把握し、責任を持って作業に取り組んでくれました。今回の文化祭の準備期間を通してクラスの絆や一体感、...
1年F組:WILD WEST SHOOTING
活動報告 企画説明 西部劇の世界に、あなたも飛び込みませんか?そんなキャッチコピーを掲げた1年F組は、娯楽企画としてシューティングゲーム「WILD WEST SHOOTING」を開催しました。お客様にトロッコに乗っていただき、生徒がトロッコを押す間にコルク銃で的を撃ちポイントを競うというゲームです。教室を大きく回るレールやトロッコ、アメリカの動物を描いた的まで、すべて生徒が制作しました!銃の狙いを定めることは意外と難しく、スリリングな企画となりました。 オンラインでも「WILD WEST SHOOTING」の魅力をお伝えできるよう、槐祭当日の様子を準備期間中の活動も併せてご紹介します。 準備期間中の活動 1学期の後半から、1年F組の槐祭準備が始まりました!まずはLHRでの企画決定。話し合いが難航する場面もあったものの、多様なアイデアが出揃いました。企画決定後、生徒たちは技術班・装飾班・労働班に分かれて準備にとりかかりました。 F組は夏休み中も積極的に集合し、コロナ禍故の制約にも負けずに準備を進めました。特にベニヤ板から作製したトロッコは、技術班の知恵...
1年G組:MuGic station
活動報告 汽車班の丁寧な作業 汽車が奏でるメロディー。グラスを計65個使用した大掛かりな企画となりました。 今回は「小さな世界」をグラスの音階で作ることになりました! 音を調整するのは全て手作業!度重なる微調整には骨が折れる思いをしました(笑) こうして夏休みの約1/3を費やして完成したメロディーはとても綺麗で達成感の感じることの出来る素晴らしい出来栄えになりました。 半日クオリティですが.. 装飾班は夏休み予定していた集まりは人がなかなか集まらず結局作業に取り掛かったのは夏休み後でした。 正直文化祭係の筆者は呆れてしまいましたが数時間後にはこんなにもクオリティの高い作品が出来上がっていました。 やれば出来るとはこういうことを言うんですね(笑) 完成度の高いロッカー広告を作ってくれた装飾班に感謝です! 全て手作業で作成! 教室内外に貼る装飾は装飾班の女子が作ってくれました。 一つ一つ丁寧に作ってくれたので助かりました。
1年H組:叡智
活動報告 ようこそ、「1-H」へ ようこそ。ここは隔離された刑務所、「1-H」。極悪犯罪を犯した人が来る場所だ。そして、僕はここの所長だ。君が新しく来た囚人だね?そんなに怯えたような顔をしなくとも、僕は他の職員のように君をお粗末に扱ったりしないよ。…え?「私は何の罪も犯していないです」だって?ははは、そうだったか。つい最近、君のように冤罪でここに来た人達がいてね。あれは確か、9月の11,12日だったかな?その話もおいおい君にしてあげるよ。まあ、いくら君が冤罪だとしても、それを証明できるまで君はここにいることになるんだ。だから、軽くここの説明でもしようじゃないか。 文化祭準備期間 実は、ここが出来たのはすごく最近のことなんだ。広告を作ったり、部屋の仕切りにするためにベニヤ板を立てたりしてて、そこそこ忙しかったかな?特に大変だったのは、雰囲気作りと簾の設置かな。まず、雰囲気づくりでは、塗装されていないコンクリートの壁の感じを醸し出そうと、灰色の紙を張ろうと思ったんだが、中々見つからなくてね。結局自分たちで塗ることになった。かなり面積が広かったから、凄く時間が...
1年I組:縁日
活動報告 文化祭の成功を祝って 今年の文化祭は例年と違う点が多く生徒としても、戸惑う場面が多々ありましたが何事もなく終えられた事を嬉しく思います。 私たちのクラス1年I組では縁日を行いました。夏休み中の作業の進行はほとんどせず無事に企画を行うことができるのか不安になっていましたが準備期間が6日間あったおかげでなんとかなりました。そういう点ではこの変則的な日程に助けられた事になります。 文化祭当日は忙しすぎない程度に人が入り、時間によっては暇すぎてクラスの人たちで遊び始めてしまう場面などがありましたが、かなり贔屓目に見て大成功だったと言えるでしょう。文化祭お疲れ様でした。
1年J組:回転シーソー楽シーゾー
活動報告 企画発足 1学期のある日のLHRにて1年J組の企画はH組との共同で回転シーソーに決まりました。しかし、H組でその案は通らず、J組単独での開催となりました。どう考えても足りない予算や人手に悩まされながら、この企画はスタートしました。そして文実との話合いの上、夏休みの間に完成した回転シーソーの試乗会を行うという条件で企画審査を乗り越えました。 夏休み かくして始まった企画ですが、夏休みの間の製作も苦難の連続でした。製作が進めば進むほど増えていく設計の問題点やだんだんと迫ってくる文実の試乗会の期限…。しかし協力してその試練を乗り越えることができました。というわけにもいかず、強度上の不安という理由で文化祭準備期間中にもう一度試乗会を行い、そこで合格を出せば企画の実施を正式に認可するという条件を出されました。 2学期 夏休みも終わり、文化祭が間近となった2学期、私たちは最後のチャンスである試乗会に向けて、回転シーソーの製作を行っていました。幸いにも文化祭準備期間が延長されたので、調整は若干の余裕をもって行うことができました...
2年A組:蘇我入鹿はそこにいるか
活動報告 古代の時代劇 高校2年A組では「蘇我入鹿はそこにいるか」という劇を行った。これは645年に起きた中大兄皇子・中臣鎌足らが蘇我入鹿を宮中にて暗殺し、蘇我氏を滅ぼした政変である。乙巳の変をモチーフとしたパロディ劇だ。乙巳の変という他の文化祭では類を見ないような題材を扱うことになった理由は、「題名がダジャレになっているから」であった。 大まかな話の流れ 当時、最高権力者であった蘇我入鹿は、自分より蹴鞠が強い者は埼玉へ流罪にするという理不尽な法を作った。ある日、近くで蹴鞠をしていた中大兄皇子と仲良くなった鎌足は、亀が入鹿にいじめられている所を見て、激怒し、入鹿暗殺計画を練り始めた。後日、竜宮城に入鹿がいることを知った鎌足たちは、いじめから救った亀に乗って竜宮城に向かい、暗殺を実行した。果たして成功したのか…? この劇はネタ要素が多く、分かるだけでも流行りの漫画の名言や、埼玉ディスり、その他小道具にまでもネタが散りばめられていたので、乙巳の変が分からない人でも楽しめる内容だ。 感想 文化祭本番の前日まで背景の色塗りをしていたため時間がなく、聞い...
2年B組:shootingしてただけなのに
活動報告 はじめに こんにちは。高校2年B組です。このページを訪ねて下さり、本当にありがとうございます。今年度の文化祭で私たちのクラスは”シューティングしてただけなのに”という娯楽企画を行いました。 ストーリー:ある日くじ引きの景品として宝の地図を手に入れた男は、その地図に従ってジャングルの中へと足を踏み入れていく。しかし、たどり着いた洞窟で男が発見した宝は強大な魔力を持っており、その力によって男はジャングルにいる動物達に襲われてしまう。手元にあるのはいくつかの武器のみ、それらの武器を駆使して動物たちを撃退し、無事に自宅までたどり着こう。 企画準備 一学期のLHRで、企画案がうまく定まらない中、漠然とシューティング企画をやりたいと思ったことから企画がスタートしました。企画決めが難航したこともあり、夏休みに入るまでの期間には本当に企画ができるのかという一抹の不安を感じつつも決まったからには完成させようとの思いで、夏休み中から何度か集まり、短い準備期間や方針の変更があったものの、最終的に何とか企画が出来る状態まで到達することが出来ました。的...
2年C組:LaC Vegas
活動報告 企画と準備について 私達のクラスではカジノの企画をすることになり、テーマとしては知的なカジノ、内装はサイバーパンクをモチーフとすることに決まりました。 ゲームはポーカー、アルゴ、eカード、ナポレオンの4種類をすることになり、クラスをそれぞれの担当ごとに分け活動しました。今年は例年とは違い事前準備の期間が6日間もありました。しかし、新型コロナウイルスの影響により、昼食を挟まない午前だけの活動となり、時間としては少なくなりました。その限られた時間の中で全員が文化祭を成功させるために準備をしました。紆余曲折ありながらもなんとか完成させる事ができ、無事に文化祭当日を迎えることが出来ました。 文化祭当日の様子について 当日の朝も教室内のイルミネーションの確認や、手元のライトの位置の固定など、お客様が入場される、ギリギリまで準備をしました。開場とともにたくさんのお客様にお越しいただき、すぐに満員になりました。どのお客様にも非日常的な賭け事をとても楽しんでいただけたと思います。 1日目は30分毎にお客様の入れ替えをしていましたが、よりお客様に楽しんでいた...
2年D組:はたらけ細胞くん
活動報告 赤血球 私たちの企画では、赤血球コースと白血球コースの二つのコースを楽しんで頂きました。赤血球コースでは、お客様に赤血球になりきり、各臓器へと酸素に見立てたボールの配達をして頂きました。途中、それぞれの臓器で出されるクイズに答えて頂くことで、楽しみながら臓器についての知識も同時に深めて頂けたと思います。例えば小腸では、小腸の長さや分泌液など、その臓器に関連するクイズを出題しました。最終的に、それらのクイズの得点、そして最後の心臓でのミニゲームの得点を合計し、ランキング形式で掲示しました。クイズでは殆ど全問正解者が出ず、悔しさからかリピーターも数人見られました。 白血球 白血球コースでは、お客様に白血球になりきり、体内に侵入した異物を排除して頂きました。最初に正体不明の異物を攻撃するものの、その後その異物がアレルギー物質であったと判明します。そこでアレルギーについて軽く学んで頂き、クロスワード形式のクイズでどれだけ学ぶことが出来たかのテストを行いました。正体不明の異物を攻撃する時は、ボールを投げて入った穴によって得点が決まるミニゲームをして頂きま...
2年E組:おばけとろっこ
活動報告 おばけとろっこ この企画は、廃校で肝試しをし、トロッコを使って学校から脱出するというものでした。お化け屋敷もトロッコも細部に拘り、クオリティの高いものを仕上げることが出来ました。 お化け屋敷 コロナ禍でお化け屋敷を行うのは、換気をしにくかったり、お化け側が至近距離で声を出してはいけなかったりと、制限が多くて大変でした。しかし、クラスの皆で試行錯誤し、無事に沢山の人を怖がらせることが出来ました。 トロッコ トロッコは、買い出しから組み立てまで生徒が自主的に行いましたが、2日間誰が乗っても壊れない程丈夫で安全なものになりました。トロッコに乗りたくてきてくださった方も何人もいました。実際にトロッコ自体が動く訳ではなく、目の前のプロジェクターの映像内で学校内を回るというものでした。所々で出題される2択の問題に答えていき、5問連続正解で脱出成功でした。問題のジャンルは8つの中から好きなものを選ぶことができるようにしました。
2年F組:賭✕駈
活動報告 カジノ カジノコーナーでは、ポーカーとブラックジャックとルーレットを行いました。ポーカーとブラックジャックは、プレイヤーとディーラーと勝負という形で行いました。ルーレットは、通常の3倍の大きさのものを台から数字板まで全て1から作りました。 ダ-ビー ダービーは、生徒が馬となって色々な競技を行い、プレイヤーのお客さんに順位を予想して当ててもらうものです。プレイヤーは馬券のようなものを書き、当たったら配当が貰えます。競技は、コーラ早飲み、ペットボトルフリップ、ぐるぐるバットからのPKなどがあります。
2年G組:名作からの脱出
2年H組:株取引のすすめ
活動報告 「投資ゲーム」とは? 「正しい投資を知っていただく」をテーマに、ボードゲーム形式の投資ゲームを開催しました。投資ゲームは利益を得られそうな会社に投資をし、資産を増やして資産王を目指すゲームです。最大の特徴は会社の株価が表示され各ターン毎に変動するため、リアルな投資を楽しめることにあります。そのため上手く投資をしなければ損してしまうことも…よく考えて投資をすることが重要でした。またこのゲームには投資以外にも「交通マス」、「イベントカード」、「競馬マス」など多様な要素があり、お客様がより楽しめる工夫がされています。(本ページの最後に実際に使用したルール説明用紙を添付してあります。是非ご覧ください) 企画準備 企画準備は投資ゲームを一から制作することに始まりました。そもそも娯楽審査に落ちた挙げ句に決定した「投資ゲーム」は今までにないものだった為一からゲームをつくる必要があり具体的な企画内容の決定は難航し、特に株価の変動要素をどうボードゲームに落としこむかはかなり難題でしたが、夏休みに努力して何とか形になりました。直前準備期間では広告作成・ゲーム作成・...
2年I組:Φεστιβάλ
活動報告 Φεστιβάλ 2年I組はΦεστιβάλ(festival)という名前で、ギリシャ神話をテーマとした縁日を企画しました。一学期末に企画を決定し、私たちは夏の暑さ、宿題や自調自考論文などの課題に追われながらも夏休み中から少しずつ準備を始めていました。しかし、コロナ禍ということもあり、集まれる日数が決まっていたので、完全にスイッチが入ったのは異例の本番直前6日間の準備期間からでした。午前中の3時間しか作業ができず、一時は間に合わないのではないかと本気で心配していました。しかし、最後の追い上げにより、私たちなりに完成度の高い縁日を開催できたのではないかと思います! 企画について 縁日のテーマをギリシャ神話にしたので、屋台で行うミニゲームもすべてギリシャ神話に関連させました。私たちはクラスを5分割し、5つのミニゲームを考えました。トロイの木馬をテーマとしたストラックアウト、神話に登場する英雄、アキレスをモチーフとした輪投げ、神からの裁きをイメージしたモグラ叩き、・・・・・・とした宝探し、そして、パルテノン神殿を象った射的の5つです。普段あまりギリシ...
3年A組:後夜祭
活動報告 2年ぶりの文化祭 例年後夜祭は体育館で開催されていましたが、今年はコロナ感染症対策の都合上、講堂で開催しライブビューイングを第一啓発室で行うことになりました。夏休み前から前日準備にかけて、参加希望者の募集、オーディション、観客席の抽選、音響・照明・装飾等の舞台づくり、ライブビューイングなど様々な準備を進め、当日も感染症対策に十分注意し、後夜祭を観に来られる方々が安心して楽しい時間を過ごせるような環境を整えました。夏休み前から文化祭一週間前まで練習を重ねてくださった演者の方々のおかげでクオリティーが高く、とても見応えのあるパフォーマンスをお届けすることができました。
3年B組:前夜祭
3年C組:あまりにも懐古的な
活動報告 vs3C 高3生が受験勉強と両立しながら2日で作り上げた企画です。誰もが一度はテレビで見たことがある装置や、そうでもない装置を作りました。 1枚目は、回転する円盤に対戦相手とコインを積み合うゲームです。コインは段ボールとフェルトを重ねて作っています。 2枚目は、2本の金属棒を開閉してボールをたぐり寄せるゲームです。金属棒は傘の柱を再利用し、ボールは600円のコルクボールを買いました。 3枚目は、ボールが穴に落ちないように板を動かし先のゴールまで運ぶゲームです。持ち手がつかないハプニングもあり、最終下校時刻まで作りました。担任も一緒に楽しんでいます。 他には一問一答の答えをはたきで突くゲームもありました。
3年D組:バッ地理スポーツ!!
活動報告 地理×スポーツ! 3年D組では、地理の問題とスポーツを組み合わせるという企画をしました。ダーツや動体視力、輪投げの3競技の中でどれだけ地理の問題に答えられるかを競ってもらいました。
3年E組:リケ恋。 ver.3.E
活動報告 高3理系が演劇してみた。 「理系が恋に落ちたので証明してみた。」ドラマ化や映画化もされたこの作品、ご存知の方は多いだろう。ゴリゴリの理系男女が織りなす恋模様をコミカルに描いた、山本アリフレッド様原作の大人気シリーズだ。 さて、ここで簡単に3年E組の紹介をしよう。 自称37期理系クラス代表の我々は、理数に長けているのは勿論のこと(ただし反例や外れ値は存在する)、とにかく「理系っぽい」。雑談をすれば端々に理数の専門用語が垣間見え、テニスボールを積み上げれば最密構造だと喜んでいる。 やるしかない。 なんと、我々は出版社様と原作者様の快諾をもぎ取ることに成功。公式公認の原作オマージュ演劇がここに爆誕したのである。 指数関数的成長の一週間  夏休みが明け、我々は思い出した。高3は忙しい。 気が付けば当日まで1週間、役者は未だ揃わず。…先が思いやられるなか、原作者様に公認いただいた自前の台本を片手に、我々の指数関数的成長が始まった。 熾烈な(?)説得合戦の結果、計20人が役者となり、隙間時間で台本の暗記と原作の履修を進めた。前日準備では、役者が...
3年F組:容疑者たちはかく語りき
活動報告 今企画について " 誰がアイツを殺したのか。ほかのヤツラは何を考えているのか。私たちはどこへ行くのだろうか――  私たち3年F組はお互いの思惑を推理しあう会話型ミステリ・マーダーミステリーを実施しました。中一から6回目、高一からは3回目となる今回の文化祭。緻密なゲームバランス(最重要)やゲームに用いる小道具、装飾(これらも重要)のクオリティの高さが発揮され、集大成にふさわしい超最高な文化祭企画となったのではないのでしょうか、と思います。  以降、本企画のスーパー最高見どころポイントを紹介していきたいと思います。" スーパー最高見所ポイント "ポイント①シナリオが“良”  シナリオが非常に“良”でした。時間・労力をかけ、ハイクオリティに仕上がりました。テストプレイしたF組生徒も、文化祭当日来場してくれた方々も、プレイ中非常に楽しそうでした。大感謝toシナリオ班です。  ポイント②装飾・デザイン  高3にもなると小道具をラミネート加工できる!受付システムが非常に見やすい!壁紙を買える!活字のような字がフリーハンドで書ける!木材加工が上手い...
3年G組:G-shot~キュンキュン青春ビーチ♡~
活動報告 準備日 最初、ステージ企画など、様々な案が出たのですが、ある生徒が考えた「プールで何かする案」で盛り上がり、それをすることに決まりました。初のプール企画ということもあり、文化祭実行委員や生徒部と何度も話し合いを重ね、様々な制約はありつつもプール棟が使えることになりました。前日準備までプール棟で作業が出来ず、また、勉強に忙しく、準備に時間を割けなかったこともあり、直前期はバタバタしましたが、当日までにとりあえず完成させることが出来ました。 当日 最終確認に時間がかかり、開始は1時間遅れとなりました。校舎から離れているので、お客さんは全然来ないかと思っていましたが、始まってみると、思った以上の大盛況でした。多くの生徒がキューピットとして主人公の恋のお手伝いをしてくれました。的には大掛かりなギミックがあるものもあって、みんな苦戦していました。プール棟はとても暑く、シフトも大変でしたが、特に大きな事故もなく、自分たちもお客さんもとても満足できる企画になったと思います。
3年H組:金が溶けるカジノ
金が溶けるカジノ 3-Hの文化祭企画は化学をモチーフとしたカードゲームを通して来場者に自然科学の面白さを伝えることを目的とした「金が溶けるカジノ」。本企画では無機化学をモチーフにした単体カジノ、有機化学をモチーフとしたスピード有機、高分子化合物の分野からは翻訳ゲーム・アミノ酸ポーカーという4種類のオリジナルゲームを作成し、それぞれの分野の魅力をカードゲームを通して楽しんでいただきました。参加者は入り口で配られる20コインをゲームに参加することによってできるだけ増やすことを目的とします。 文化祭準備 カードのデザイン、ルールの原案作りは文化祭係によって前々から進められており、文化祭準備日では主にカードの作成、ルールの理解・修正を行いました。プリンターで印刷したカードを表裏貼り合わせ、ラミネートしてから切る作業までをすべて手作業で計1000枚以上に及ぶカードを手分けして作りました。 文化祭当日 文化祭当日には1日目・2日目ともに多くの生徒に訪れてもらい、大盛況となりました。高校範囲の化学を題材にしたのにもかかわらず、高校生はもちろん、多くの中学生にも企...
3年I組:和気I×I
活動報告 準備(装飾) ざっくりとしたアイデアしか決まっていない状態で迎えてしまった文化祭準備。例年なら夏休みが勝負所になるのですが、高三の夏休みと言えば地獄の勉強の日々であり、クラスの42人のうち誰も「文化祭どうする?」なんて言い出せる余裕は全くありませんでした。しかしいざとなればエンジンがかかる渋幕生。文化祭二日前になり、一時的に文化祭モードに切り替えた生徒が多く、凝った教室の装飾から充実したブースさらには廊下に出すロッカーの広告や階段広告など、コロナ禍でもしっかり夏を連想させるムード作りに成功しました。ほとんど二日間で完成させた装飾でしたが、その様子に驚く下級生さえいるほど完成度の高いものとなりました。 準備(ブース) 教室から机や椅子がなくなると共に、各ブースの設営が始まりました。教室前方にはもぐら叩き用に穴の開いたベニヤが立てられ、中央では射的の的が並べられました。また後方の輪投げを予定していた場所には球入れ用のコップと共に星型のハンガーが吊られるという予想外の変更がありながらも、それぞれ様々な調整を加えられ完成に近づいていきました。自分達...

部・同好会

中学科学部:廃部を阻止する科学
活動報告 科学部の危機 "去年は文化祭で中学の部活は企画を行うことができなかったので、文化祭で科学部の企画に参加したことがある部員は中3だけとなってしまった。文化祭でたくさんのお客様にご来場いただいていた科学部に、文化祭経験者がいなくなってしまうのは大変危険なことであり、今年度は文化祭を開催してほしかった。 そして、文化祭の科学部の企画名を、このまま廃部をすることを阻止したいという思いで、「廃部を阻止する科学」とした。 文化祭準備 夏休みに学校に来て買い出しの準備をして、実施をした。だが、そのころから東京のコロナ感染者が急増し、学校に来る日の削減などをしなければならなかった。9/3~9/10まで休校になり、その期間ほぼ毎日学校に来て企画の準備をしていた。 文化祭当日 文化祭では、空気砲、炎色反応、テルミット、象の歯磨き粉、ガウス加速器、ダイラタンシー、オランダの涙の実験を行った。渋幕の生徒、先生など100名以上ご来場していただいた。コロナが収まって一般のお客様も来られるようになったら、ぜひ科学部を見に来てほしい。
中学演劇部:神様だってしらない
活動報告 中学演劇部文化祭公演 昨年はおこなうことができなかった文化祭公演を今年は2日間無事に完走することが出来ました。 コロナ感染対策など様々な制約の中、夏休み前から準備してきたものをこうして完成させることができ、とても達成感のある公演でした。 公演本番中、様々なトラブルもありましたが、部員全員落ち着いて対応し、たくさんのお客様がつくってくださった空気を巻き込んで、ひとつの作品としてよいものを完成させられたかなと思います。 次回公演も今回の反省を活かしてより良いものをつくってお見せしたいと思います。 これを見ている皆さんの中に、演劇部として、より進化した作品を一緒につくる新たな仲間がいることを願っています。待ってます!!
ディベート部:名門校対抗ディベート
活動報告 名門校対抗ディベート ”ディベート”とは、ある人等のテーマに対して賛成派と反対派に分かれて第三者であるジャッジを説得するゲームである。或る人はこう呼ぶ。”知の格闘技(スポーツ)”とー 今年の槐祭では知る人ぞ知る名門校、開成学園弁論部の皆さんとの試合動画を放映しました。 当日には試合の判定をご来場の渋幕生や先生方に体験していただきました!!
中高鉄道研究部:鉄オ・タ村 2021
鉄オ・タ村2021!  我々鉄道研究部は、今年も無事文化祭に出展することができました!コロナが流行る中でも、うちの部員たちは元気に活動しています!(もちろん感染症対策にも気を付けていますよ) その活動の成果を展示し、ご来場いただいた皆さんにお見せしました。 去年に引き続き今年の文化祭も校内のみへの公開というかたちになりましたので、お越しいただけずに残念な思いをされてしまった方も、この記事や写真から当日の雰囲気を感じ取っていただければと思います。 また、文化祭で配布した部誌もpdf形式で公開していますので、そちらも併せてご覧ください。(Web掲載のために一部削除したページがございますが、ご了承ください) 展示の様子  今年の前日準備は例年と違って部活の方にあまり時間が割けませんでしたが、その中で用意できる限りの展示を実施しました。 具体的には ①Nゲージ鉄道模型のレイアウト展示 ②部員の方が撮影した写真の展示 ③い鉄甲子園(いすみ鉄道主催の高校生プレゼンコンテスト)の成果展示 ④歴代鉄道模型コンテスト作品の展示 ⑤BVE運転シミュレーター体験...
化学部:Let's Chemistry!!
文化祭2021 化学部は毎年、文化祭で演示実験を行っています。中高合わせて60名の部員がそれぞれ調べて見つけてきた実験を、それぞれの工夫も加えながら一生懸命に披露しました。しかし文化祭当日にたどり着くまでには多くの苦労がありました。まず人に見せる以上安全性はもちろん「面白い!」と思ってもらえるようにたくさん練習をしなければいけません。それにどんな質問にも答えられるよう、しっかりとした化学の知識を身につけなければいけません。 部員たちはそうした事を乗り越え、文化祭での演示実験を見事成功に終わらせました。校外の方にお見せすることが出来ず非常に残念ですがこれからも化学の世界を実験を通して楽しんでいきたいと思います。 資料
美術部:渋幕美術部展2021
活動報告 美術部の活動。 美術部は普段から、油絵、水彩画、粘土、デジタルなど様々な画材を用いて絵を描いています。
中高電気部・物理部:樹海へようこそ
中学Litelature Club・高校文芸部:文芸ストレイドッグス
活動報告 文芸部へようこそ!! こんにちは!中高文芸部・LIterature Clubです!私たちの活動は小説、俳句・短歌、詩などの文芸作品を執筆することです。普段の活動ではショートショートと呼ばれる短い小説を書いたり、俳句や連歌を作ったりしています。また、年に4回中高合同の同人誌「彼方」を発行しています。今年の文化祭では「文藝ストレイドックス」という企画名で美術部とのコラボ作品の展示や参加型俳句コンテストなどを行いました。彼方文化祭号と美術部とのコラボ作品のpdfがありますので是非ご覧ください。 資料
中高模擬国連部・同好会:貿易ゲーム × MUN
活動報告 貿易ゲーム 今回の文化祭では、貿易ゲームを行いました。 貿易ゲームは、参加者の皆さんにある国になりきってもらい、他の国とカードをトレードし、出来るだけ利益が大きくなるよう試行錯誤するゲームです。 例年は食べ物を交換してレシピを作ってもらっていたのですが、今年は鉄や砂などを交換して車を作ってもらいました。 模擬国連とは? 学生が各国の大使になりきり、実際の国連の会議を模擬する活動です。 各大使は、会議準備として担当国や議題についてリサーチを行い政策を立案します。 会議では自国の政策をもとにそれぞれの国益を考慮しながらも、国際社会としての問題解決に貢献するために、演説や交渉を行います。
DeskTop Music Club:DTMCDTMCSBMK
活動報告 3人で回した12時間 何故うちのような部活が所有しているのかもわからないでっかいスピーカーやらアンプやらミキサーやらマイクやらキーボード(使ってはいない)やらをとても大量のコードで大変複雑につなげ、それだけでも非常に時間がかかった。当日は暗くして(もちろん換気はしています)前の方にフロアを作り自由に時間を過ごしてもらうよう努力した。ゲストにうちの学校の先生を呼び、3人で2日計12時間、一人当たり4時間DJをした。片付けもみんなが後夜祭言ってる間に終わらし、ぼちぼち大変だったが非常に充実した二日間であった。
合唱部:つなぐ
コロナ禍での練習 コロナ禍であるため、ソーシャルディスタンスを保ち全員がマスクを着用しての練習を徹底させていました。練習時間も制限され、例年に比べて厳しいこともありましたが、部員みんなが協力し合って発表に向けて工夫しながら練習しました。 舞台演出 文化祭の舞台の準備は歌の練習だけではありません。舞台には照明や並び、動きなどの演出が欠かせません。高校二年生が中心となって案を練り、改善を重ねました。特に照明は時間もかけたためよいものとなりました。 文化祭当日 1日目はあまりお客様が集まらないというハプニングもありましたが、2日目には多くのお客様が来場してくださりよかったです。それぞれが今できる最大限の力を発揮させた合唱ができたと思います。この文化祭で引退となった高校三年生によるアンサンブルは特に素敵でした。このコロナ禍で、舞台の上で発表する機会が大変少なくなってしまっていたなかで、なんとかこの文化祭の舞台に部員みんなで立つことができてよかったです。
English Debate Club:Let’s watch the debate!
活動報告 Motions! During Enju Festival, English Debate Club had funny motions. Usually we have serious motion but, “THW ban dating shows” “ THW lock up people who has superpower in prison” etc. was the topic we had that day. Requirement! Debating requires us to speak out why you support or oppose that motion with full analysis. Also full knowledge to show examples are needed, too. Research and critical thinkings are essential to debate though, challenging is the most important thi...
茶道部:お茶会
活動報告 コロナ禍でのお茶会 茶道部では例年文化祭でお茶会を行っているのですが、昨年は新型コロナウィルスの影響により中止することになりました。今年は様々な先生方のおかげで実施する事になりましたがコロナ禍のため例年と同じようには当然行かず、たくさんの苦労をしました。例えばお茶会の人数です。例年はお客様10人以上を一度にお招きして1つのお茶席に入れていたのですが、今年は部員・顧問の先生で話し合った結果一度にお茶席に入れるお客様を3人以下に制限しました。他には部員への消毒の徹底、お茶碗等のお道具の煮沸消毒等を行い安全安心のお茶会を心がけました。
弓道部:弓道演武
室内楽部:百弦繚乱
活動報告 室内楽部文化祭公演 私たち室内楽部は、文化祭公演「百弦繚乱」として、Divertimento KV138(モーツァルト作曲)・Simple Symphony(ブリテン作曲)といった弦楽曲や、Stand Alone・ Oriental Wind(どちらも久石譲作曲)といった映画・CM音楽など幅広いジャンルの曲を、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの四種の弦楽器によるオーケストラでソロも交えながら演奏しました。 弦楽器の奏でる美しいハーモニーをお客様に楽しんでいただきました。
吹奏楽部:show time!
活動報告 準備 中学吹奏楽部、高校吹奏楽部のそれぞれで準備を進めました。中学1・2年生にとっては初めての文化祭、また中学3年生にとっては中学部活引退前最後のステージであり、ひとりひとりが理想のステージを目指して練習に取り組んでいました。高校生は、演奏だけでなくパフォーマンスにも力を入れたステージを準備しました。各自の練習と並行して各係の活動も進めることになり、大変ではありましたが充実した準備期間を過ごすことができました。 当日 中学ステージは「前前前世」の疾走感あるメロディーで幕を開け、続けて「魔女の宅急便メドレー」「蒼き三日月の夜」と演奏しました。高校ステージのオープニングは「吹奏楽のための狂詩曲〜鍾馗の伝説による〜」が飾り、「ミッション:インポッシブルのテーマ」「交響組曲パイレーツ・オブ・カリビアン〜呪われた海賊たち」をパフォーマンス付きで華やかに演奏しました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
かるた部:神代も聞かぬかるた部!
活動報告 模範試合 かるた部では、競技かるた団体戦の模範試合を行いました。毎年教室に入りきらないほど多くの方に観戦していただく人気企画です。残念ながら今年は中止となった「かるた体験」と並ぶ二本柱で、実際に部員の中には、渋幕入学前に文化祭でかるた部に来て競技かるたに興味を持ったという生徒もいます。 本来競技かるたの団体戦ではチーム内の掛け声が大きな魅力の一つですが、今回はコロナ禍とあって掛け声は禁止です……それでは試合の熱が伝わってこなくてつまらない? ご心配なく! 進行役を務める解説者が、競技かるたの基本ルールから現在の試合情勢まで、おもしろく&わかりやすく解説します。ただ、飛んでくる札にだけお気をつけを!(笑) 新しい渋幕かるた部 渋幕かるた部の歴史は浅く、創部したのは現在の大学2年生の代です。そこから年々部員を増やし、現在は中高合わせて26人で活動しています。創部から間もない分、自分達が渋幕かるた部を創り上げていくのだという向上心を抱いています。今年度の夏の全国高校選手権の千葉県最終予選では惜しくも一枚差で準優勝、全国出場を逃してしまいましたが、来...
将棋部:駒はアクリル板を超えて
活動報告 駒はアクリル板を越えて 皆さんこんにちは、中高将棋部です。 本年度の槐祭では、将棋部は来場者と部員とで対局を行うという企画を行いました。昨年はコロナウイルスの影響で来場者との対局することが難しい状態であったため、このような企画を行うことが出来なかったのですが、今年は感染対策を十分に行い、従来通り対面での対局を行うことができました。 今回も一般の来校者の方々と将棋を指せないことは大変残念なことでありました。しかし、我々の企画に想像以上に人が集まり、一時は部員の手が足りないほどまでになったのは嬉しい誤算でした。 来年こそは、一般の方とも将棋を指せることを願っております。
高校演劇部:会議よ永遠なれ
活動報告 当日までの様子 夏休みから、本格的に準備を始めました。今年は高校の部員が少なく、演技のアドバイスをしてくれる人もほとんどいないため、中学の部員たちからも意見を聞いて完成度を高めていきました。 当日 初日は朝一番ということもあったのか、あまりお客様が来ず、少し寂しかったです。ですが2日目は多くの人にご来場いただき、笑い声が講堂に響く楽しい公演となりました。
書道部:渋幕グッズ配ります!
活動報告 当日の様子 当日は、部員が撮った写真を持ち寄って展示をしたり写真を用いたクイズを準備したりしました。今年の夏に部員全員で行った成田空港での写真はマニアの方を中心に多くの方に好評でした。クイズは様々な身の回りの物の拡大写真を展示し、何を拡大したものかを当てるクイズを用意しました。普段身近にあるものでも拡大させると案外分からなく、少し難しめのクイズも出来ました。また、展示の順番を工夫することでお客さんが飽きることがないようにしました。 振り返り 今年はコロナウイルスの感染拡大の影響もあり準備に時間を費やすことがあまり出来ませんでしたが、多くの方が楽しめるような展示を用意することが出来たと思います。ですが、部員の数が少ないこともあり誰もシフトに入ることが出来なくて教室を閉鎖しなければならなかった時間も出来てしまったことが反省点です。今後部員の数を増やすことが課題だと感じました。
天文部:星空の観察会
活動報告 文化祭を振り返って  文化祭で一番大変だった事は参加できる部員が少なかったために余裕のないシフトを回した事だと思います。天文部でない友達にも協力して貰ってギリギリ回す事が出来ましたが、それでも当日の急な予定変更により発表が遅れたてしまいお客さんに迷惑をかけてしまった時もありました。また、コロナの影響で事前に録音した音声を発表に用いるなど普段と違う発表形式による問題が生じてしまったりと様々な失敗がありました。それでも、僕達の発表に真摯に聞き入ってくれたのでとても嬉しく、また楽しく行う事が出来ました。 コロナの影響で今年も生徒のみの公開になってしまいましたが、来年こそ天文部のプラネタリウムを見ていただきたいです。
折り紙研究同好会:渋幕かみの国
活動報告 折り研文化祭2021 今年は動物の作品をメインに展示してみました。 緊急事態宣言で学校に行けなくなる時もありましたが、1学期や夏休み中に部員総出で折ったので割と作品が集まり一安心しました(笑)。準備期間も例年より長かったので余裕を持って準備出来たのではないかと思います。 作品は15cm四方の紙から折った小さめの作品から約1m四方の紙から折った大きめの作品まで、大小様々な作品を展示しました。多種多様な動物を折ることが出来たので見栄えもよくなりました。
クイズ研究同好会:MakuhariQuizFestival
活動報告 ペーパークイズ体験 企画教室の後方の壁には部員が作った30問のペーパークイズを用意し、多くの生徒に体験していただきました。簡単な問題からなかなか聞いたことがない難しい問題まで揃えましたが、普段部員がどのような問題を解いているかを知っていただけたと思います。 早押しクイズ体験 実際に部活動で使用している高い性能の早押しボタンと有名なクイズの問題集を使い、早押しクイズ体験を行いました。早押しの魅力に気づき、長時間体験した生徒の方もたくさんいらっしゃいました。クイズ研究同好会がどのようなボタンを使ってどのような活動をしているかを知ってもらえたと思います。
コンピュータ同好会:ホームページ作成班
活動報告 本年度の活動 コンピュータ同好会ではこれまで、生徒たちの文化祭に向けての準備の様子や当日の活動を撮影して、ホームページを作成しました。今年度も昨年度に引き続き新型コロナウイルスの影響でイレギュラーなものとなりましたが、無事に終えることができました。 具体的な活動内容としては、準備期間中の様子を撮影し、文化祭が始まる前に予告としてリアルタイムで写真をアップしました。当日は全団体を回り、文化祭終了後にアップしました。今後もこのような活動を通して、渋幕の文化祭の魅力をお伝えします。
ダンス同好会:ダンスは呼吸。
活動報告 ダンス同好会! こちらのページにお越しいただきありがとうございます。このページでは、私たちダンス同好会の文化祭公演について簡単に紹介します! ダンスは呼吸。 今年の文化祭では、「ダンスは呼吸。」というタイトルのもと、ダンスを愛してやまない23人の会員たちが日頃の練習の成果を発揮しました。2日間にわたって1日2回、計4回の公演を行い、J-POPからK-POP、そしてボカロまで、様々なジャンルの曲を披露しました。当日は、おかげさまで大勢の校内生の観客の皆さんにお越しいただき、大盛況を収めることができました。また、この日をもって高3生は引退となりましたが、これまでの活動の集大成として、文化祭公演を悔いなく満喫できたことと思います。来年は一般の方々にも公開できるご時世になっていることを願っております。
文化研究同好会:文研 in Makuhari
活動報告 文研文化祭 今年度は主に、麻雀とボードゲームの紹介、説明を行いました。コロナ対策を万全にした上で体験も行い、当日は盛り上がりを見せました。部誌は刷った全てが無くなりこちらも良い結果となりました。また部誌には田村校長先生との対談の書き起こしもあり、内容の読み応えも抜群となっています。ここでは掲載してないけど……すいません。
模型同好会:つくってあそぼ ver.1.7.9
活動報告 模型同好会・展示の様子 模型同好会では、プラモデル・ペーパークラフトなど多種多様な模型の展示を行いました。 写真で少しでも作品の良さを味わっていただければ嬉しいです!

委員会・有志団体

図書委員会:古本市
活動報告 今年度の古本市 図書委員会では毎年文化祭2日目に学校や生徒個人から寄付して頂いた古本を販売する企画、「古本市」を開催しています。 会場に並ぶ本は、参考者や洋書、ラノベ、雑誌、漫画など多種多様。特に参考書は科目ごとの問題集から 大学ごとの過去問集まで種類、量ともに非常に充実しており、古本市の中でも人気のジャンルの一つとなっています。 去年は新型コロナウイルスの影響から実施ができませんでしたが、 今年は文化祭が在校生のみの参加となったことを踏まえ、例年通りの1日間の開催ではなく、 土曜日、 日曜日両日での開催を決定し、感染対策として様々な工夫を行った上で、つつがなく企画を終えることができました。 古本市収益金の用途 図書委員会では毎年、古本市を通して皆様からお預かりした収益金のすべてを、NGO等への寄付金としております。寄付先の団体は年によって異なりますが、今年は「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会」へと、収益金を送付させて頂く予定です。 ご来場頂きました方々、また古本市の運営にご協力くださりました全ての方々に、この場を借りて心からお礼を...
高校アラブ同好会:Oasis
槐フィルハーモニーオーケストラ:槐フィルハーモニー
練習 今回のオーケストラは室内楽部と吹奏楽部の合同企画として開催しました。コロナウイルスの流行によって演奏の機会を失っていたため、今回約2年振りの開催となり、練習にも熱がこもっていました。室内学部も吹奏楽部もそれぞれの練習予定があったために、なかなか十分な練習時間は確保できませんでしたが、限りある時間の中で個人練習、パート・セクション練習、合奏を重ね、準備が整った状態で本番を迎えることができました。 本番 ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」第4楽章を演奏しました。弦楽器のエネルギーがこもった音ではじまり、管楽器が華々しく登場するこの曲で、お客様の心をつかめたのではないかと思います。たくさんの方に来ていただき、ステージを完成させることができました。来てくださった皆様、ありがとうございました。
生物同好会:いきものがかり
活動報告 生物同好会の活動 生物同好会では普段、カナヘビやヤモリの飼育、とうもろこしの栽培などを通じて、生物に対する意識を洗練すべく活動を行なっております。今年度に発足したこともあり、文化祭に向けた生態観察が初めての活動で進行が遅く、当日までに間に合うかが心配されましたが、間に合ってよかったです。当日は予想よりも多くの方に見学に来ていただき、ありがたく思います。生物に興味のある方や入る部活にお困りの方は是非、見学に来てください。月曜日、木曜日に第二生物室で活動しています。

コメント(内容は公開されません)