部門分類から探すー娯楽

各団体のページを企画の部門分類でしぼりこむことができます。
ページ下部の検索バーにキーワードを入力してページを検索することもできます。
娯楽部門の企画一覧です。
1年C組:縁日
活動報告 テーマ「縁日」 1年C組のクラス企画は「縁日」です。 縁日、というのはどこの学校の文化祭を訪れても必ずどこかのクラスがやっている、いわゆる定番中の定番です。しかし、そのようなベタな企画であるからこそ、その中で「クラスの個性」というものが遺憾なく発揮出来るのではないか、と思いテーマに選出しました。 今年は昨年と同様、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、夏休み期間での文化祭準備が思うように進まず、保護者の皆さまや外部からいらっしゃる皆さまをお迎えすることもかないませんでした。しかしこの「槐祭オンライン」で、少しでも当日の雰囲気を感じ、そして1年C組の良い所を1つでも知って頂けたら幸いです。 外部の皆様へ 文化祭、というのは普段学校生活を送っている生徒の「本当の姿」が見られる貴重な機会だと思います。だからこそ、保護者の皆さまにはもちろん、渋幕受験を少しでも考えている受験生やそのご家族の皆さまにも当日の熱気を味わって欲しかったです。 そのかわりといえば何ですが、文化祭準備日や当日のクラス内の写真を一部お見せいたしたいと思います。どこで...
1年F組:WILD WEST SHOOTING
活動報告 企画説明 西部劇の世界に、あなたも飛び込みませんか?そんなキャッチコピーを掲げた1年F組は、娯楽企画としてシューティングゲーム「WILD WEST SHOOTING」を開催しました。お客様にトロッコに乗っていただき、生徒がトロッコを押す間にコルク銃で的を撃ちポイントを競うというゲームです。教室を大きく回るレールやトロッコ、アメリカの動物を描いた的まで、すべて生徒が制作しました!銃の狙いを定めることは意外と難しく、スリリングな企画となりました。 オンラインでも「WILD WEST SHOOTING」の魅力をお伝えできるよう、槐祭当日の様子を準備期間中の活動も併せてご紹介します。 準備期間中の活動 1学期の後半から、1年F組の槐祭準備が始まりました!まずはLHRでの企画決定。話し合いが難航する場面もあったものの、多様なアイデアが出揃いました。企画決定後、生徒たちは技術班・装飾班・労働班に分かれて準備にとりかかりました。 F組は夏休み中も積極的に集合し、コロナ禍故の制約にも負けずに準備を進めました。特にベニヤ板から作製したトロッコは、技術班の知恵...
1年H組:叡智
活動報告 ようこそ、「1-H」へ ようこそ。ここは隔離された刑務所、「1-H」。極悪犯罪を犯した人が来る場所だ。そして、僕はここの所長だ。君が新しく来た囚人だね?そんなに怯えたような顔をしなくとも、僕は他の職員のように君をお粗末に扱ったりしないよ。…え?「私は何の罪も犯していないです」だって?ははは、そうだったか。つい最近、君のように冤罪でここに来た人達がいてね。あれは確か、9月の11,12日だったかな?その話もおいおい君にしてあげるよ。まあ、いくら君が冤罪だとしても、それを証明できるまで君はここにいることになるんだ。だから、軽くここの説明でもしようじゃないか。 文化祭準備期間 実は、ここが出来たのはすごく最近のことなんだ。広告を作ったり、部屋の仕切りにするためにベニヤ板を立てたりしてて、そこそこ忙しかったかな?特に大変だったのは、雰囲気作りと簾の設置かな。まず、雰囲気づくりでは、塗装されていないコンクリートの壁の感じを醸し出そうと、灰色の紙を張ろうと思ったんだが、中々見つからなくてね。結局自分たちで塗ることになった。かなり面積が広かったから、凄く時間が...
1年I組:縁日
活動報告 文化祭の成功を祝って 今年の文化祭は例年と違う点が多く生徒としても、戸惑う場面が多々ありましたが何事もなく終えられた事を嬉しく思います。 私たちのクラス1年I組では縁日を行いました。夏休み中の作業の進行はほとんどせず無事に企画を行うことができるのか不安になっていましたが準備期間が6日間あったおかげでなんとかなりました。そういう点ではこの変則的な日程に助けられた事になります。 文化祭当日は忙しすぎない程度に人が入り、時間によっては暇すぎてクラスの人たちで遊び始めてしまう場面などがありましたが、かなり贔屓目に見て大成功だったと言えるでしょう。文化祭お疲れ様でした。
1年J組:回転シーソー楽シーゾー
活動報告 企画発足 1学期のある日のLHRにて1年J組の企画はH組との共同で回転シーソーに決まりました。しかし、H組でその案は通らず、J組単独での開催となりました。どう考えても足りない予算や人手に悩まされながら、この企画はスタートしました。そして文実との話合いの上、夏休みの間に完成した回転シーソーの試乗会を行うという条件で企画審査を乗り越えました。 夏休み かくして始まった企画ですが、夏休みの間の製作も苦難の連続でした。製作が進めば進むほど増えていく設計の問題点やだんだんと迫ってくる文実の試乗会の期限…。しかし協力してその試練を乗り越えることができました。というわけにもいかず、強度上の不安という理由で文化祭準備期間中にもう一度試乗会を行い、そこで合格を出せば企画の実施を正式に認可するという条件を出されました。 2学期 夏休みも終わり、文化祭が間近となった2学期、私たちは最後のチャンスである試乗会に向けて、回転シーソーの製作を行っていました。幸いにも文化祭準備期間が延長されたので、調整は若干の余裕をもって行うことができました...
2年B組:shootingしてただけなのに
活動報告 はじめに こんにちは。高校2年B組です。このページを訪ねて下さり、本当にありがとうございます。今年度の文化祭で私たちのクラスは”シューティングしてただけなのに”という娯楽企画を行いました。 ストーリー:ある日くじ引きの景品として宝の地図を手に入れた男は、その地図に従ってジャングルの中へと足を踏み入れていく。しかし、たどり着いた洞窟で男が発見した宝は強大な魔力を持っており、その力によって男はジャングルにいる動物達に襲われてしまう。手元にあるのはいくつかの武器のみ、それらの武器を駆使して動物たちを撃退し、無事に自宅までたどり着こう。 企画準備 一学期のLHRで、企画案がうまく定まらない中、漠然とシューティング企画をやりたいと思ったことから企画がスタートしました。企画決めが難航したこともあり、夏休みに入るまでの期間には本当に企画ができるのかという一抹の不安を感じつつも決まったからには完成させようとの思いで、夏休み中から何度か集まり、短い準備期間や方針の変更があったものの、最終的に何とか企画が出来る状態まで到達することが出来ました。的...
2年C組:LaC Vegas
活動報告 企画と準備について 私達のクラスではカジノの企画をすることになり、テーマとしては知的なカジノ、内装はサイバーパンクをモチーフとすることに決まりました。 ゲームはポーカー、アルゴ、eカード、ナポレオンの4種類をすることになり、クラスをそれぞれの担当ごとに分け活動しました。今年は例年とは違い事前準備の期間が6日間もありました。しかし、新型コロナウイルスの影響により、昼食を挟まない午前だけの活動となり、時間としては少なくなりました。その限られた時間の中で全員が文化祭を成功させるために準備をしました。紆余曲折ありながらもなんとか完成させる事ができ、無事に文化祭当日を迎えることが出来ました。 文化祭当日の様子について 当日の朝も教室内のイルミネーションの確認や、手元のライトの位置の固定など、お客様が入場される、ギリギリまで準備をしました。開場とともにたくさんのお客様にお越しいただき、すぐに満員になりました。どのお客様にも非日常的な賭け事をとても楽しんでいただけたと思います。 1日目は30分毎にお客様の入れ替えをしていましたが、よりお客様に楽しんでいた...
2年E組:おばけとろっこ
活動報告 おばけとろっこ この企画は、廃校で肝試しをし、トロッコを使って学校から脱出するというものでした。お化け屋敷もトロッコも細部に拘り、クオリティの高いものを仕上げることが出来ました。 お化け屋敷 コロナ禍でお化け屋敷を行うのは、換気をしにくかったり、お化け側が至近距離で声を出してはいけなかったりと、制限が多くて大変でした。しかし、クラスの皆で試行錯誤し、無事に沢山の人を怖がらせることが出来ました。 トロッコ トロッコは、買い出しから組み立てまで生徒が自主的に行いましたが、2日間誰が乗っても壊れない程丈夫で安全なものになりました。トロッコに乗りたくてきてくださった方も何人もいました。実際にトロッコ自体が動く訳ではなく、目の前のプロジェクターの映像内で学校内を回るというものでした。所々で出題される2択の問題に答えていき、5問連続正解で脱出成功でした。問題のジャンルは8つの中から好きなものを選ぶことができるようにしました。
2年F組:賭✕駈
活動報告 カジノ カジノコーナーでは、ポーカーとブラックジャックとルーレットを行いました。ポーカーとブラックジャックは、プレイヤーとディーラーと勝負という形で行いました。ルーレットは、通常の3倍の大きさのものを台から数字板まで全て1から作りました。 ダ-ビー ダービーは、生徒が馬となって色々な競技を行い、プレイヤーのお客さんに順位を予想して当ててもらうものです。プレイヤーは馬券のようなものを書き、当たったら配当が貰えます。競技は、コーラ早飲み、ペットボトルフリップ、ぐるぐるバットからのPKなどがあります。
2年G組:名作からの脱出
2年I組:Φεστιβάλ
活動報告 Φεστιβάλ 2年I組はΦεστιβάλ(festival)という名前で、ギリシャ神話をテーマとした縁日を企画しました。一学期末に企画を決定し、私たちは夏の暑さ、宿題や自調自考論文などの課題に追われながらも夏休み中から少しずつ準備を始めていました。しかし、コロナ禍ということもあり、集まれる日数が決まっていたので、完全にスイッチが入ったのは異例の本番直前6日間の準備期間からでした。午前中の3時間しか作業ができず、一時は間に合わないのではないかと本気で心配していました。しかし、最後の追い上げにより、私たちなりに完成度の高い縁日を開催できたのではないかと思います! 企画について 縁日のテーマをギリシャ神話にしたので、屋台で行うミニゲームもすべてギリシャ神話に関連させました。私たちはクラスを5分割し、5つのミニゲームを考えました。トロイの木馬をテーマとしたストラックアウト、神話に登場する英雄、アキレスをモチーフとした輪投げ、神からの裁きをイメージしたモグラ叩き、・・・・・・とした宝探し、そして、パルテノン神殿を象った射的の5つです。普段あまりギリシ...
3年C組:あまりにも懐古的な
活動報告 vs3C 高3生が受験勉強と両立しながら2日で作り上げた企画です。誰もが一度はテレビで見たことがある装置や、そうでもない装置を作りました。 1枚目は、回転する円盤に対戦相手とコインを積み合うゲームです。コインは段ボールとフェルトを重ねて作っています。 2枚目は、2本の金属棒を開閉してボールをたぐり寄せるゲームです。金属棒は傘の柱を再利用し、ボールは600円のコルクボールを買いました。 3枚目は、ボールが穴に落ちないように板を動かし先のゴールまで運ぶゲームです。持ち手がつかないハプニングもあり、最終下校時刻まで作りました。担任も一緒に楽しんでいます。 他には一問一答の答えをはたきで突くゲームもありました。
3年F組:容疑者たちはかく語りき
活動報告 今企画について " 誰がアイツを殺したのか。ほかのヤツラは何を考えているのか。私たちはどこへ行くのだろうか――  私たち3年F組はお互いの思惑を推理しあう会話型ミステリ・マーダーミステリーを実施しました。中一から6回目、高一からは3回目となる今回の文化祭。緻密なゲームバランス(最重要)やゲームに用いる小道具、装飾(これらも重要)のクオリティの高さが発揮され、集大成にふさわしい超最高な文化祭企画となったのではないのでしょうか、と思います。  以降、本企画のスーパー最高見どころポイントを紹介していきたいと思います。" スーパー最高見所ポイント "ポイント①シナリオが“良”  シナリオが非常に“良”でした。時間・労力をかけ、ハイクオリティに仕上がりました。テストプレイしたF組生徒も、文化祭当日来場してくれた方々も、プレイ中非常に楽しそうでした。大感謝toシナリオ班です。  ポイント②装飾・デザイン  高3にもなると小道具をラミネート加工できる!受付システムが非常に見やすい!壁紙を買える!活字のような字がフリーハンドで書ける!木材加工が上手い...
3年I組:和気I×I
活動報告 準備(装飾) ざっくりとしたアイデアしか決まっていない状態で迎えてしまった文化祭準備。例年なら夏休みが勝負所になるのですが、高三の夏休みと言えば地獄の勉強の日々であり、クラスの42人のうち誰も「文化祭どうする?」なんて言い出せる余裕は全くありませんでした。しかしいざとなればエンジンがかかる渋幕生。文化祭二日前になり、一時的に文化祭モードに切り替えた生徒が多く、凝った教室の装飾から充実したブースさらには廊下に出すロッカーの広告や階段広告など、コロナ禍でもしっかり夏を連想させるムード作りに成功しました。ほとんど二日間で完成させた装飾でしたが、その様子に驚く下級生さえいるほど完成度の高いものとなりました。 準備(ブース) 教室から机や椅子がなくなると共に、各ブースの設営が始まりました。教室前方にはもぐら叩き用に穴の開いたベニヤが立てられ、中央では射的の的が並べられました。また後方の輪投げを予定していた場所には球入れ用のコップと共に星型のハンガーが吊られるという予想外の変更がありながらも、それぞれ様々な調整を加えられ完成に近づいていきました。自分達...

コメント(内容は公開されません)