部門分類から探すー体験

各団体のページを企画の部門分類でしぼりこむことができます。
ページ下部の検索バーにキーワードを入力してページを検索することもできます。
体験部門の企画一覧です。
1年2組:人生は紙飛行機
活動報告 そらとべ!紙飛行機 まず教室に入ったら模造紙を見てもらいます。 結構しっかりしたことが書いてあって、ためになる内容も書いてありました! そのあとに癖になる音楽が流れている映像を見ることができます。 ここではギネスにも認定されたとてもよく飛ぶ紙飛行機の折り方やそれを飛ばした映像を見ることができます。 (ちなみにこの教室にはウーパールーパーがいるのでそれに誘われてきた人もいるかも…。) 次がこの企画の目玉です‼ なんと……ギネスに認定された紙飛行機を実際に折ることができます‼ (わたしたちがギネスを更新したわけではありません) 係の人が丁寧に教えてくれるので手先が不器用な人でも安心して作ることができます‼ 夏休み中の活動 夏休み中に6つのグループに分かれて紙飛行機のことを調べて模造紙にまとめました。 ・映像撮影グループ ・空気の流れグループ ・紙の大きさや重さによる違いグループ ・階段広告作成グループ ・飛行機との比較グループ ・映像編集グループ 一部のグループは少しふざけてい...
1年6組:SHIBUMAKU☆すご6
1年9組:世界への架橋
活動報告 1-9の文化祭を終えて 1-9の生徒、そして特に文実の方々、文化祭係の方々、本当にお疲れさまでした。長い準備期間で、初めての文化祭でわからないことも多い中1-9の生徒たちで協力しあい、文化祭を無事に終えることができました。そして、これは文化祭の企画の準備や当日の活動の方針を決めたり、それらを円滑に進めてくれた文実と文化祭の方々によるものだと思いました。文実と文化祭係の方々、ありがとうございました。また、文化祭の準備を進めてくれただけでなく文実と文化祭係の方々にはこの文化祭を通して、失敗や成功などの経験があったと思います。来年、そして再来年と、その経験を生かして文化祭をより良いものにしていってほしいと感じました。
2年4組:渋幕のスポーツ王は俺だ!!
活動報告 準備 夏休みから9月にかけて準備をしました。セットが大掛かりだったこともあり、夏休みの準備は係ごとにそれなりの日数をかけて行いました。夏休みにクラスで協力して作業を進めたので、9月の準備を比較的楽に行うことができました。その分クオリティーを上げることができたのでよかったと思います。 当日 初日はお客さんが312人来てくれました。(再入場含む)そのため、6時間にわたって暇な時間が全くありませんでした。また、アルコール消毒や、窓あけ、サーキュレーターなども常時行うことができたので、上出来だったと思います。ほぼ万全な準備で迎えることができた2日目は、始めてから20分も経たないうちに不慮のアクシデントが起こってしまいました。窓ガラスを割ってしまったというものです。これによりその時点で企画中止となり、4組の企画は終了しました... 企画に来場してくれた人には感謝の気持ちでいっぱいです。 ~次に向けて~改善点1 今回の企画では、窓ガラスの事故も含め、安全性が大きな問題となっていました。今回、事前に蛍光灯には防護のフィルムを付けていたのですが、バッ...
2年8組:目指せ伊能忠敬
活動報告 展示班より 「伊能忠敬の測量」と一口に言うと、量程車を引いている場面を想像する人が多いと思います。しかし、実際はそんなに簡単なものではありません。 我々は複雑な測量作業の中から「坂道の角度を測る」作業を簡略化して展示しました。 触って体験できるようにするため、消毒をどうするか、バランスを保った状態で自立させるにはどうするか、長さをどう取るかなど様々なことを考え抜いてなんとか完成させることができました。 説明書きに書いてあった数式が1日目の昼過ぎまで間違っているというミスはあったものの、無事成功してよかったです。 クイズ班より 今や文化祭の定番とも言えるクイズ。全国的なブームでレベルの高いものが多数存在する中、私たちは難易度よりも面白さを重視したユニークな問題を出題しました。 多くの選択肢を作成し、一問に一つは小ボケを挟み、淡々と進みがちな作業も常に笑いに包まれていました。伊能忠敬に関するクイズだけでなく、当時の日本についても出題したので、お客様の知識量の上昇に役立ったかと思います。 最後にクイズを一つ:伊能忠敬の子供は何人?ヒントは「...
2年9組:世界の果てまでイッテ2のキュー!
活動報告 楽しかった2日間 コロナ禍で行われた異例の文化祭………というよりは、僕たちにとっては初めての文化祭。初めてのことばかりで最初の頃こそあたふたすることもありましたが、ドットアンドボックスやアルゴなど、チームに分かれて、皆で文化祭を成功させるために協力して準備を行ったため、無事に完成させることができました。本番はたくさんの人が来てくれて、教室内は常にお祭り状態で、楽しく文化祭を行うことができました!残念ながら、学校関係者のみによる開催となってしまいましたが、今回成功させた経験を持って、来年はさらに完成度の高い文化祭にできるようにしようと思います。その時は、ぜひ渋幕にきて槐祭を楽しんでいってください!
3年1組:この子たちを救いな3-1
活動報告 企画の準備について 私たちの企画は、結果的にはゴミ問題という比較的まじめな内容となりましたが、話し合いの段階では様々な案が出ていました。しかし、娯楽の禁止や感染症対策といった観点を考慮したところ、最終的には二つの案に絞られました。ここでクラスの意見が一度は真っ二つに分かれましたが、さらなる話し合いにより、ゴミ問題についての企画をやることになりました。最初はクラス内からも「まじめすぎて面白くない」や「お客さんが来てくれなさそう」など、反対の声もありましたが、徐々に準備を進めていくにつれ、クラスとしての結束力が増し、結果的には3-1らしい企画を作り上げられたのではないかと思います。 文化祭当日について 他のクラスに比べて私たちの企画は比較的真面目だったため、初めはお客さんがあまり来てくれませんでした。また、客の呼び込みなどは禁止されていたということあってなかなか人が入りませんでした。しかし、同じ学年の友達や先生が来てくれたためだんだんと盛り上がっていました。特に体験Aのゴミ分別のブースでは先生と生徒が一緒に楽しんでいたり、友達同士で協力して行ったり...
3年2組:3-2の事件簿
活動報告 「3-2の事件簿」とは? 私たちの企画「3-2の事件簿」では、“マクシブ中学校”で発生した事件の犯人を、アリバイや防犯カメラの映像といった事件に関する様々な情報からお客様に推測してもらいました。前方のスクリーンに事前に作成した登場人物が会話・行動する映像を映し出し、その後お客様に質問をしてもらうという形式で、自ら事件の解決に関わることができるという楽しさと推理の奥深さを体験してもらうことができました。 準備の舞台裏 夏休み前にはすでに準備が始まっていて、クラスの生徒全員がそれぞれの得意なことややりたいことをもとに演劇や映像の編集といった係に所属し、37人一丸となって企画を成功させようという雰囲気に包まれていました。ストーリーを構成したり、効果的になるように映像を編集したりするのには様々な困難がありましたが、みんなで意見を出し合っていくことでそれらを乗り越え、無事に企画を開催することができました。また、教室内の装飾や細部にもこだわり、演劇の内容に合わせた臨場感のある演出に大きく寄与したほか、クラスの「槐祭を楽しもう」というムードを醸成することにも...
3年3組:君と僕との中間試験
活動報告 中間試験 無事終了!! 3年3組ではお客様にペーパーテストを受けて頂き、その後マルチエンディングの映像をご覧頂きました。 当日は映像が再生出来ないなどのトラブルに見舞われ企画を中断するという場面もありましたが、なんとか生徒同士で協力して切り抜けました。 演技をしたり、クイズを作ったり、映像編集をしたり、女装をしたり、、、一人一人が自身の得意なこと(?)を生かして、楽しんで企画をやり通すことが出来ました。渋幕生活の思い出に残る貴重な経験になったと思います。 そして何より、先生方、槐祭当日お越し頂いたお客様、槐祭を全力でサポートして下さった文化祭実行委員会の皆様、文化祭に関わった全ての方に感謝を申し上げたいと思います。
3年5組:たむランド
活動報告 【総括】 みなさんこんにちは。3年5組へようこそ!3年5組の文化祭企画は、「たむらんど」です…なっ、なんじゃそりゃ?!と思いましたね(笑)説明します。「たむらんど」では、我らの校長田村哲夫先生の80年以上の人生を人気ゲーム「人生ゲーム」によって楽しく面白く、そしてわかりやすく伝える体験型の企画です。「たむらんど」のマスコットキャラクターには某人気ゲーム風味の田村哲夫先生が!ぜひ見てみてください。(めっちゃかわいいです(*´▽`*))「たむらんど」は、企画の立案から具体的な内容、制作、当日の運営、片付けまで、コロナ禍ではあったものの、クラスメイト全員が助け合い、一致団結して成功することができました。 【制作の様子】 クラス企画の具体的な内容を決めて「さあ制作だ!!」と、なったのは期末考査が終わった一学期の終業式の日。しこの頃はコロナの感染が拡大していました。そのため、夏休みは最終的に一度も集まることなく時を過ごしてしまいました。2学期になり、ようやく制作に取りかかり始めました。校長の歴史を調べ、すごろくを作る班と装飾班に分け、それぞれの班が思い思...
3年6組:殺人現場への侵入
活動報告 大人気企画、誕生 いつもより人の少ない槐祭に、どこよりも盛り上がった企画が登場しました。その名も「殺人現場への侵入」。廊下には常に列ができ、平均を大きく超えたであろう 772 人のお客様が来てくれました。今日はあなたに、そんな素晴らしい企画のことを伝えたい!その気持ちをもってこのページを作りました。ご覧ください 企画内容と準備 まず、来てくれた人には、殺人事件が起こる動画を見ていただきました。これはクラスの映像チーム中心にとことんこだわった映像です。笑いあり、恐怖あり、先生方にも出ていただいたり、もうこれだけで充分!ってくらいに楽しんでもらえました。 そして、映像を見てもらった後には、教室に再現されている5つの事件現場のセットから、映像で見た事件の現場はどれか?というクイズをやってもらいました。このセットがまたすごい!5日間をかけて作った自信作。シーソーや血のついたシャツなど、クオリティがこれもまたお客さんを驚かせました。何度も来てくれる人がたくさんいて、大賑わいでした。 3-6からのメッセージ 当初の予定から大きく変わったり、帰りの...
3年8組:かぐや様は解かせたい⁉
活動報告 平安の世界に入って… 3年8組は、槐祭のこの日、千年もの昔の平安の世に姿を変えました。部屋に入ったお客様は、みな貴公子となって、かぐや姫と結婚するために、彼女が出した無理難題を解き進めていかねばなりません。 貴公子たちが解く問題は、みな古代の日本の人々の知識に基づいています。木、火、金、水、土の5つの物質で世界が構成されているとした五行思想や、それから発展した季節や惑星の知識、そして平安の中頃になってようやく発明された平仮名や片仮名以前の文字である万葉仮名など、出題範囲は幅広いものとなっています。 でも、最初からお客様はこれらの知識を知っている必要はありません。ヒントは全てこの世界の中に含まれているのですから。 あなたでも解ける…!? かぐや姫が出した無理難題…と言っても、問題の難易度は上級・中級・初級の3つに分かれています。もし、上級問題が解けなくても、それより下の問題にトライして、解き進めていくことが出来ます。また、2回3回と繰り返し、この平安世界を訪れることも出来ます。 仮にいちばん簡単な問題をも解けなくても、この平安の世の中にはた...
1年A組:PrIson BreAk
活動報告 企画概要 1年A組の企画は「PrIson BreAk」 謎解き型の体験企画です。第一ステージと第二ステージに分け、1団体にじっくり体験してもらう形としました。 第一ステージは独房をモチーフにし、そこから出ると第二ステージ。シビアな時間制限の中で謎を解いてもらいました。 企画立ち上げの時期に文化祭係が2週間ほど休みとなりましたが、なんとかクラスが団結して、良い企画を立ち上げることができました。 事前準備 クラスを装飾班・買い出し班・設営班・クイズ班に分け、それぞれが考えて行動・連携できるようにし、企画準備を進めました。 夏休みは装飾班を中心に、廊下広告やロッカー広告を完成に近づけ、暑い中買い出し班にも買い出しに行ってもらいました。 夏休み後は例年と違い、午前中の作業を1週間弱続ける長期戦となりました。クイズ班発案「迫りくる壁」の制作や、本格的な設営が始まりました。机の下に角材の端材を用い、更にその下にキャスターを付け安定させ、壁は段ボールで制作しました。 教室装飾は英字新聞を大量に使い、雰囲気に合った装飾が完成しました。 文化祭...
1年D組:カボっちゃ
活動報告 カボっちゃ 1年D組のボッチャ、その名も「カボっちゃ」。パラリンピック競技の「ボッチャ」と「かぼちゃ」という異色の組み合わせが実現した企画だ。準備期間にはボールを手作りしたり教室の装飾をしたりと、人数制限でクラス全員が集まれない中でも一丸となって作業をすることができた。そして迎えた当日だが、嬉しいことに多くの人が訪れてボッチャを楽しんでもらうことができた。5回、6回と来場するリピーターもいたのは驚きだった。通常のルールに加えてクラスオリジナルのルールを作ったことでゲームが奥深くなり、頭脳戦を得意とする渋幕生はボッチャの魅力にはまっていったようだった。
1年E組:目指せビリオネア!
活動報告 1E全員で協力した文化祭 それでは、私たち1年E組の文化祭クラス企画についての報告をしたいと思います。まず、私たち1年E組は「目指せビリオネア!!」という企画名のもと、疑似カジノを実施しました。具体的に言うと、3つのブース(ルーレット、ブラックジャック、ポーカー)を用意しお客様にお金の大切さや投資の難しさを体験していただきました。結果として、たくさんのお客様にご来場いただき、満足して文化祭が実施できたと思います。 準備期間中の取り組み しかしながら、このようにクラス企画が成功するまでにはいくつかの壁がありました。なんといっても、gグループ(高入組)で初めての文化祭ともあって、「はたして当日までに作業が間に合うのか」や「当日どのくらいお客様がいらしてくれるのか」など気になる点や不安要素が多く存在したからです。また、係ごとでまとまって作業はしていたものの、全体として作業の進行具合を共有できていなかったのも事実です。しかし、一人一人がそれぞれ自分の役割を把握し、責任を持って作業に取り組んでくれました。今回の文化祭の準備期間を通してクラスの絆や一体感、...
2年D組:はたらけ細胞くん
活動報告 赤血球 私たちの企画では、赤血球コースと白血球コースの二つのコースを楽しんで頂きました。赤血球コースでは、お客様に赤血球になりきり、各臓器へと酸素に見立てたボールの配達をして頂きました。途中、それぞれの臓器で出されるクイズに答えて頂くことで、楽しみながら臓器についての知識も同時に深めて頂けたと思います。例えば小腸では、小腸の長さや分泌液など、その臓器に関連するクイズを出題しました。最終的に、それらのクイズの得点、そして最後の心臓でのミニゲームの得点を合計し、ランキング形式で掲示しました。クイズでは殆ど全問正解者が出ず、悔しさからかリピーターも数人見られました。 白血球 白血球コースでは、お客様に白血球になりきり、体内に侵入した異物を排除して頂きました。最初に正体不明の異物を攻撃するものの、その後その異物がアレルギー物質であったと判明します。そこでアレルギーについて軽く学んで頂き、クロスワード形式のクイズでどれだけ学ぶことが出来たかのテストを行いました。正体不明の異物を攻撃する時は、ボールを投げて入った穴によって得点が決まるミニゲームをして頂きま...
2年H組:株取引のすすめ
活動報告 「投資ゲーム」とは? 「正しい投資を知っていただく」をテーマに、ボードゲーム形式の投資ゲームを開催しました。投資ゲームは利益を得られそうな会社に投資をし、資産を増やして資産王を目指すゲームです。最大の特徴は会社の株価が表示され各ターン毎に変動するため、リアルな投資を楽しめることにあります。そのため上手く投資をしなければ損してしまうことも…よく考えて投資をすることが重要でした。またこのゲームには投資以外にも「交通マス」、「イベントカード」、「競馬マス」など多様な要素があり、お客様がより楽しめる工夫がされています。(本ページの最後に実際に使用したルール説明用紙を添付してあります。是非ご覧ください) 企画準備 企画準備は投資ゲームを一から制作することに始まりました。そもそも娯楽審査に落ちた挙げ句に決定した「投資ゲーム」は今までにないものだった為一からゲームをつくる必要があり具体的な企画内容の決定は難航し、特に株価の変動要素をどうボードゲームに落としこむかはかなり難題でしたが、夏休みに努力して何とか形になりました。直前準備期間では広告作成・ゲーム作成・...
3年D組:バッ地理スポーツ!!
活動報告 地理×スポーツ! 3年D組では、地理の問題とスポーツを組み合わせるという企画をしました。ダーツや動体視力、輪投げの3競技の中でどれだけ地理の問題に答えられるかを競ってもらいました。
3年G組:G-shot~キュンキュン青春ビーチ♡~
活動報告 準備日 最初、ステージ企画など、様々な案が出たのですが、ある生徒が考えた「プールで何かする案」で盛り上がり、それをすることに決まりました。初のプール企画ということもあり、文化祭実行委員や生徒部と何度も話し合いを重ね、様々な制約はありつつもプール棟が使えることになりました。前日準備までプール棟で作業が出来ず、また、勉強に忙しく、準備に時間を割けなかったこともあり、直前期はバタバタしましたが、当日までにとりあえず完成させることが出来ました。 当日 最終確認に時間がかかり、開始は1時間遅れとなりました。校舎から離れているので、お客さんは全然来ないかと思っていましたが、始まってみると、思った以上の大盛況でした。多くの生徒がキューピットとして主人公の恋のお手伝いをしてくれました。的には大掛かりなギミックがあるものもあって、みんな苦戦していました。プール棟はとても暑く、シフトも大変でしたが、特に大きな事故もなく、自分たちもお客さんもとても満足できる企画になったと思います。
3年H組:金が溶けるカジノ
金が溶けるカジノ 3-Hの文化祭企画は化学をモチーフとしたカードゲームを通して来場者に自然科学の面白さを伝えることを目的とした「金が溶けるカジノ」。本企画では無機化学をモチーフにした単体カジノ、有機化学をモチーフとしたスピード有機、高分子化合物の分野からは翻訳ゲーム・アミノ酸ポーカーという4種類のオリジナルゲームを作成し、それぞれの分野の魅力をカードゲームを通して楽しんでいただきました。参加者は入り口で配られる20コインをゲームに参加することによってできるだけ増やすことを目的とします。 文化祭準備 カードのデザイン、ルールの原案作りは文化祭係によって前々から進められており、文化祭準備日では主にカードの作成、ルールの理解・修正を行いました。プリンターで印刷したカードを表裏貼り合わせ、ラミネートしてから切る作業までをすべて手作業で計1000枚以上に及ぶカードを手分けして作りました。 文化祭当日 文化祭当日には1日目・2日目ともに多くの生徒に訪れてもらい、大盛況となりました。高校範囲の化学を題材にしたのにもかかわらず、高校生はもちろん、多くの中学生にも企...
かるた部:神代も聞かぬかるた部!
活動報告 模範試合 かるた部では、競技かるた団体戦の模範試合を行いました。毎年教室に入りきらないほど多くの方に観戦していただく人気企画です。残念ながら今年は中止となった「かるた体験」と並ぶ二本柱で、実際に部員の中には、渋幕入学前に文化祭でかるた部に来て競技かるたに興味を持ったという生徒もいます。 本来競技かるたの団体戦ではチーム内の掛け声が大きな魅力の一つですが、今回はコロナ禍とあって掛け声は禁止です……それでは試合の熱が伝わってこなくてつまらない? ご心配なく! 進行役を務める解説者が、競技かるたの基本ルールから現在の試合情勢まで、おもしろく&わかりやすく解説します。ただ、飛んでくる札にだけお気をつけを!(笑) 新しい渋幕かるた部 渋幕かるた部の歴史は浅く、創部したのは現在の大学2年生の代です。そこから年々部員を増やし、現在は中高合わせて26人で活動しています。創部から間もない分、自分達が渋幕かるた部を創り上げていくのだという向上心を抱いています。今年度の夏の全国高校選手権の千葉県最終予選では惜しくも一枚差で準優勝、全国出場を逃してしまいましたが、来...
将棋部:駒はアクリル板を超えて
活動報告 駒はアクリル板を越えて 皆さんこんにちは、中高将棋部です。 本年度の槐祭では、将棋部は来場者と部員とで対局を行うという企画を行いました。昨年はコロナウイルスの影響で来場者との対局することが難しい状態であったため、このような企画を行うことが出来なかったのですが、今年は感染対策を十分に行い、従来通り対面での対局を行うことができました。 今回も一般の来校者の方々と将棋を指せないことは大変残念なことでありました。しかし、我々の企画に想像以上に人が集まり、一時は部員の手が足りないほどまでになったのは嬉しい誤算でした。 来年こそは、一般の方とも将棋を指せることを願っております。
中高模擬国連部・同好会:貿易ゲーム × MUN
活動報告 貿易ゲーム 今回の文化祭では、貿易ゲームを行いました。 貿易ゲームは、参加者の皆さんにある国になりきってもらい、他の国とカードをトレードし、出来るだけ利益が大きくなるよう試行錯誤するゲームです。 例年は食べ物を交換してレシピを作ってもらっていたのですが、今年は鉄や砂などを交換して車を作ってもらいました。 模擬国連とは? 学生が各国の大使になりきり、実際の国連の会議を模擬する活動です。 各大使は、会議準備として担当国や議題についてリサーチを行い政策を立案します。 会議では自国の政策をもとにそれぞれの国益を考慮しながらも、国際社会としての問題解決に貢献するために、演説や交渉を行います。
English Debate Club:Let’s watch the debate!
活動報告 Motions! During Enju Festival, English Debate Club had funny motions. Usually we have serious motion but, “THW ban dating shows” “ THW lock up people who has superpower in prison” etc. was the topic we had that day. Requirement! Debating requires us to speak out why you support or oppose that motion with full analysis. Also full knowledge to show examples are needed, too. Research and critical thinkings are essential to debate though, challenging is the most important thi...
クイズ研究同好会:MakuhariQuizFestival
活動報告 ペーパークイズ体験 企画教室の後方の壁には部員が作った30問のペーパークイズを用意し、多くの生徒に体験していただきました。簡単な問題からなかなか聞いたことがない難しい問題まで揃えましたが、普段部員がどのような問題を解いているかを知っていただけたと思います。 早押しクイズ体験 実際に部活動で使用している高い性能の早押しボタンと有名なクイズの問題集を使い、早押しクイズ体験を行いました。早押しの魅力に気づき、長時間体験した生徒の方もたくさんいらっしゃいました。クイズ研究同好会がどのようなボタンを使ってどのような活動をしているかを知ってもらえたと思います。
文化研究同好会:文研 in Makuhari
活動報告 文研文化祭 今年度は主に、麻雀とボードゲームの紹介、説明を行いました。コロナ対策を万全にした上で体験も行い、当日は盛り上がりを見せました。部誌は刷った全てが無くなりこちらも良い結果となりました。また部誌には田村校長先生との対談の書き起こしもあり、内容の読み応えも抜群となっています。ここでは掲載してないけど……すいません。

コメント(内容は公開されません)