3年H組:金が溶けるカジノ

 

企画紹介図をここに張る

企画概要

部門分類:体験

企画場所:3年H組教室

金(カネ)の心配は無用。代わりに金(キン)は
溶けるかも?皆様の酸化をお待ちしてます。
As O Bi Ni K I Te Ne

が溶けるカジノ
3-Hの文化祭企画は化学をモチーフとしたカードゲームを通して来場者に自然科学の面白さを伝えることを目的とした「金が溶けるカジノ」。本企画では無機化学をモチーフにした単体カジノ、有機化学をモチーフとしたスピード有機、高分子化合物の分野からは翻訳ゲーム・アミノ酸ポーカーという4種類のオリジナルゲームを作成し、それぞれの分野の魅力をカードゲームを通して楽しんでいただきました。参加者は入り口で配られる20コインをゲームに参加することによってできるだけ増やすことを目的とします。

化祭準備
カードのデザイン、ルールの原案作りは文化祭係によって前々から進められており、文化祭準備日では主にカードの作成、ルールの理解・修正を行いました。プリンターで印刷したカードを表裏貼り合わせ、ラミネートしてから切る作業までをすべて手作業で計1000枚以上に及ぶカードを手分けして作りました。

化祭当日
文化祭当日には1日目・2日目ともに多くの生徒に訪れてもらい、大盛況となりました。高校範囲の化学を題材にしたのにもかかわらず、高校生はもちろん、多くの中学生にも企画に足を運んでいただきました。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!!

文化祭準備日の様子
文化祭当日の様子
作成したオリジナルカード

コメント(内容は公開されません)