2年B組:shootingしてただけなのに

 

企画紹介図をここに張る

企画概要

部門分類:娯楽

企画場所:2年B組教室

ある日、シューティングをしていた男たちは
突然、何者かに襲われてしまう。手元に残っ
た弾で敵を撃ち、生き残れ。
活動報告

 

じめに
こんにちは。高校2年B組です。このページを訪ねて下さり、本当にありがとうございます。今年度の文化祭で私たちのクラスは”シューティングしてただけなのに”という娯楽企画を行いました。
ストーリー:ある日くじ引きの景品として宝の地図を手に入れた男は、その地図に従ってジャングルの中へと足を踏み入れていく。しかし、たどり着いた洞窟で男が発見した宝は強大な魔力を持っており、その力によって男はジャングルにいる動物達に襲われてしまう。手元にあるのはいくつかの武器のみ、それらの武器を駆使して動物たちを撃退し、無事に自宅までたどり着こう。

 

画準備
一学期のLHRで、企画案がうまく定まらない中、漠然とシューティング企画をやりたいと思ったことから企画がスタートしました。企画決めが難航したこともあり、夏休みに入るまでの期間には本当に企画ができるのかという一抹の不安を感じつつも決まったからには完成させようとの思いで、夏休み中から何度か集まり、短い準備期間や方針の変更があったものの、最終的に何とか企画が出来る状態まで到達することが出来ました。的は主に段ボールを材料とし、針金でつるしたり、モーターで走るようにしたりし、内装もジャングルらしさを演出するために枯葉や芝生マットを利用するなどクラスの中から出た案をもとに多くの工夫を施すことが出来ました。

日の様子
準備期間が短かったこともあり、当日になっても企画準備が十分でなく、ドタバタした状態で迎えることとなった文化祭当日。リピーターも多く、来て下さったお客さんはボールを投げたり、あるいはパチンコではじいたりするなどの普段あまりしないような運動を人目を気にせずに楽しんでいただけたのではないかと思います。クラスの皆さんの協力もあり良い文化祭にできました。一方で、反省点としては全体的な難易度がかなり高くなってしまい、得点が出づらかったことがあります。何はともあれ、文化祭を無事に終えることが出来て良かったという思いでいっぱいです。ここまで読んでくださった方ありがとうございました。

的として使ったワニの制作風景です。
皆さんに楽しんでもらいました。
当日に黒板に書いた絵です。

コメント(内容は公開されません)