2年2組:ドウデモイイけど気になる裁判

 

企画紹介図をここに張る

企画概要

部門分類:演劇

企画場所:2年2組

2組のメンバーで模擬裁判を行います!
いつもはやんちゃなメンバーが、神妙な面持
ちで悪を裁く!是非、ご覧ください。
活動報告

備期間中の様子
準備期間中は例年とは違い、夏休み期間中に加えて6日間午前中3時間の時間をとって準備を行うというものとなりました。この間では
台本作成、画像にもある裁判で使われる柵、
ハンマーや釘の買い出しなどを行っていました。特に柵の作成には時間がかかりました。
木材を切るところから、釘を打ち、装飾し、
その立て方まで皆で試行錯誤しながら頑張りました。さらに、感染予防対策のために、楽屋の配置やサーキュレーター(扇風機のようなもので空気を循環させる)の配置まで義務付けられており、随所で担当者の腕前が見れたことと思います。本来より長い準備期間のおかげで、手の込んだこともでき、団結が一層高まったと感じられました。

日の流れ
当日になると、ついにこの日が来たと、まずどこへ行くか興奮気味に話しているクラスメイトも多く、皆楽しげな雰囲気でした。ですが、演技に入ると皆顔つきは一変。真剣な面持ちで、証言台へ立つ被告人、汗と共にハンマーを握る裁判長、無罪を勝ち取るべく熱弁を振るう弁護士、冷静に証拠を述べる検察官と演技は上出来、客入りも上々と来て、皆達成感を感じている模様。しかし、ゆっくりはできない。それもそのはず、シフトが1時間ごとにはいり、各班1日3度の公演と来たせいで、疲れは見えるが、それでも演技に打ち込む姿は中学2年生の頼もしさを感じさせるものでした。/span>

遂に開廷した裁判!検察官が被告人を詰問!
問い詰められて、思わず口を押さえる被告人
最後に被告人の有罪無罪を決定いたします!

コメント(内容は公開されません)