研修紀行文

公式ページ

南房総研修紀行文「初めての宿泊研修」

中学1年生の10月に行われる南房総研修の紀行文をご紹介しています。 執筆者 駿河純也 前書き  執筆者は高校3年生のため、南房総研修に行ったのは約5年前です。今後行われる研修とは内容が異なる場合がありますのでご了承ください。 南房総研修概要  渋幕生になって半年ほどが過ぎた、10月。中学1年生の南房総研修があります。1学期に行われた日帰りの野田研修に続く研修となり、初の宿泊研修です。執筆者である私の古い記憶と当時のレポートや研修ファイルをもとに書き上げていますので一部あいまいな点があります。それでも渋幕生らしい研修の鱗片がよくうかがえるものだと思いますのでどうぞお楽しみください。 行程1日目 2016年10月12日  早朝に家を出発しました。初の宿泊研修ということもあり、テンションは最高潮です。君津駅に10時集合ということで道中で班員と合流しながら君津駅を目指します。地元が駅間隔の短い電車だったので、総武線快速の1駅の間隔の広さに参ってしまったことが印象的でした。  君津駅に着くと、そこからバスで鋸山の登山口近くまで移動します。なんと初日の最初は鋸...
公式ページ

鎌倉研修紀行文【北鎌倉写真最新情報付き】

中学2年生の5月に行われる鎌倉研修の紀行文をご紹介しています。 執筆者 狂猫 1.前書き  本校の一大行事である研修。その中で中2で行われる鎌倉研修は最後の日帰り研修であり、また自由度が中1とは変わり大幅に高くなっており、行動範囲が格段に広がり、今までグループ単位だった行動が班単位の行動となる。この研修は真の意味で渋幕らしい研修の始まりであるといえる―  さて、御託はこれくらいにしてこれから鎌倉研修の紀行文を書いていくのだが、自分が行った地域は北鎌倉―いわゆる鎌倉と言われて想像される様な鎌倉市街から1駅離れた寺社が密集している地域である。北鎌倉は非常に落ち着いた雰囲気の場所で、コロナ前でも観光客は少なく、落ち着いて寺社を見て回りたい人にはピッタリの場所だろう。  北鎌倉には比較的大きな寺社が3つあり、北鎌倉駅から徒歩1分に満たない場所にある円覚寺、紫陽花寺として有名な明月院、そして北鎌倉最大の寺院である建長寺である。この3つの寺院は見て回るだけでも5時間程度を要し、非常に充実している。しかし、北鎌倉は主要な観光地ではないので、学生が昼食に食べるような飲食店というも...
公式ページ

ニュージーランド研修紀行文

中学3年生で行われるニュージーランド研修の紀行文をご紹介しています。 執筆者 高2女子(帰国生)  大まかな行程としては、約2週間ホストファミリーと過ごしたのち、北部オークランドに行き、そこで班行程を終え、一泊してから帰るというスケジュールだった。 登校・研修   ホストファミリーといる間は、日中には登校し、バディーと共に帰って夜は自由に過ごしていた。登校するといっても、すべての授業に参加するという訳ではなく、校外研修に参加したりもした。  登校していた学校はMaeroa Intermediate Schoolという、ワイカトにある10から13歳の子供が通う学校だった。そこでは、二学年ごとにクラスが分かれていて、他にもマオリの家系の子供たちが希望すれば入れるクラスが別にあったりした。  偶然にも私は両方のクラスに参加させていただくことができたが、マオリのクラスの方はしっかり基礎教養を習得しながらも、コミュニティを意識し、民族に配慮した教育を行っていたという印象だった。また、学校時間外のクラブ活動の中にもダンス部のようなイメージでカパハカ(マオリの踊り)を教えてくれる...
公式ページ

広島研修紀行文「一泊二日 広島弾丸ツアー」

高校1年生で行われる広島研修の紀行文をご紹介しています。 執筆者 駿河湾の魚  高校1年生の研修旅行である広島研修。渋幕の研修は日本の起源に向かって進んでいく(鎌倉→奈良→九州・中国)という話は校長先生がよくおっしゃっていることである。  しかし、広島研修についていえばそこから少し外れた平和学習も旅の大きな目的の一つである。ところが、落ち着いて戦争の歴史と向き合うはずの研修が、不運にも台風の直撃により当初の二泊三日から一泊二日への日程変更となってしまった。想定よりも急ぎ足な研修ではあったがとても実りある物であったと思う。今回は槐祭onlineでの行事説明のうちのひとつということなのでイレギュラーな研修ではあったがその一部始終を紀行文として皆さんに追体験していただければと思う。 2019年10月9日(研修前日)夜 3日前に先生より発表された研修の日程短縮により、研修の目的であった呉への訪問を断念することになり残念な気持ちと、それでも研修に行ける喜びの混ざった複雑な気持ちのなか就寝。 2019年10月10日(研修1日目)朝  6時過ぎに出発のためあわただしく準備を始め...
公式ページ

北京研修紀行文

毎年冬に行われる「北京研修」の紀行文をご紹介しています。 北京研修の概要 2018年度北京研修は、2018年12月21日から同28日までの8日間の日程で実施された海外研修で、中華人民共和国の北京市が研修先でした。この北京研修は渋幕の数ある海外研修のうちの一つであり、研修期間中は交流校である月壇中学のバディー生徒の家庭にホームステイしました。平日は、バディーと一緒に月壇中学へ登校し、そこを拠点に北京市内へ研修に行ったり月壇中学の授業に参加したりしました。なお、月壇中学は北京で唯一の第一外国語を日本語とする学校です。 ちなみに、月壇中学は日本で言うところの6年制の中高一貫校に相当し、名称に「中学」とありますが、実際は中学生と高校生が在籍しています。 また、2018年度北京研修の参加者は4人しかおらず、非常に少ない人数での開催になりました。 北京研修の行程 〜1日目〜(12月21日) この日は朝7時に羽田空港に集合し、わざわざ空港まで見送りに来て下さった学年主任などに別れを告げて参加生徒4人と引率教員1人の5人はチェックインと出国手続きを済ませ、飛行機に搭乗しました。 ...
公式ページ

野田研修「コロナ禍でも充実していた研修」

中学1年生の5月に行われる野田研修の紀行文をご紹介しています。