中学3年生

中学3年生で行われる「ニュージーランド研修」の紀行文をご紹介しています。
ニュージーランド研修紀行文
中学3年生で行われるニュージーランド研修の紀行文をご紹介しています。 執筆者 高2女子(帰国生)  大まかな行程としては、約2週間ホストファミリーと過ごしたのち、北部オークランドに行き、そこで班行程を終え、一泊してから帰るというスケジュールだった。 登校・研修   ホストファミリーといる間は、日中には登校し、バディーと共に帰って夜は自由に過ごしていた。登校するといっても、すべての授業に参加するという訳ではなく、校外研修に参加したりもした。  登校していた学校はMaeroa Intermediate Schoolという、ワイカトにある10から13歳の子供が通う学校だった。そこでは、二学年ごとにクラスが分かれていて、他にもマオリの家系の子供たちが希望すれば入れるクラスが別にあったりした。  偶然にも私は両方のクラスに参加させていただくことができたが、マオリのクラスの方はしっかり基礎教養を習得しながらも、コミュニティを意識し、民族に配慮した教育を行っていたという印象だった。また、学校時間外のクラブ活動の中にもダンス部のようなイメージでカパハカ(マオリの踊り)を教えてくれる...