海外研修

渋幕では、例年高校2年生の希望者を対象とした海外研修が行われています。ここでは、数多い海外研修のうち、「北京研修」の紀行文をご紹介しています。
北京研修紀行文
毎年冬に行われる「北京研修」の紀行文をご紹介しています。 北京研修の概要 2018年度北京研修は、2018年12月21日から同28日までの8日間の日程で実施された海外研修で、中華人民共和国の北京市が研修先でした。この北京研修は渋幕の数ある海外研修のうちの一つであり、研修期間中は交流校である月壇中学のバディー生徒の家庭にホームステイしました。平日は、バディーと一緒に月壇中学へ登校し、そこを拠点に北京市内へ研修に行ったり月壇中学の授業に参加したりしました。なお、月壇中学は北京で唯一の第一外国語を日本語とする学校です。 ちなみに、月壇中学は日本で言うところの6年制の中高一貫校に相当し、名称に「中学」とありますが、実際は中学生と高校生が在籍しています。 また、2018年度北京研修の参加者は4人しかおらず、非常に少ない人数での開催になりました。 北京研修の行程 〜1日目〜(12月21日) この日は朝7時に羽田空港に集合し、わざわざ空港まで見送りに来て下さった学年主任などに別れを告げて参加生徒4人と引率教員1人の5人はチェックインと出国手続きを済ませ、飛行機に搭乗しました。 ...